アラサーで「自分探し」をスッパリやめた理由はたった一つの言葉だった

3813

自分探しを辞めたい。だけどきっかけが分からない。

いつまで私は自分探しをすれば気が済むの?

このまま自分探しをして自分ってみつかるの?

ひょっとして「自分探し」って無駄だった?

私は、大学を卒業したころからいわゆる「自分探し」をしていました。

就職を先延ばしにして入学した大学院をはじめ、就職してからは習い事やビジネススクール、週末に通う専門学校などなど。

興味あるかも」と思ったらとにかく習ってみる。

最後は結局どれも

何か違う。これじゃない

とまた新しい何かを探すの繰り返し。

大学院は別にして、この頃の習い事はほとんど何も身につきませんでした。

自分探しをすっぱり辞めたたった一つの言葉

そんな自分探しの旅にすっかりハマっていた私が自分探しを辞めたのは34歳のとき。

きっかけになったのは、インド人の先生のたった一つの言葉。

人生は探すものではなく、人生は創りあげるもの

この言葉を聞いてツキものが落ちたかのように「自分探し」をスパッとやめました。

自分探しで本当に探していたのは楽な成功の道

自分探し」に批判的な人は、「自分はここにいるから」探しても見つからない。

と言いますよね。

「自分探し」をしてはいけない3つの理由!?にも、同じ事が書いてありました。

自分探しをしている人もそんなことは、分かっています。

誰も「自分の存在」を探しているわけじゃないんですから。

じゃあ自分探しで本当に探しているモノって何なのでしょう?

自分探しをやめてから思うのは、私が本当に探していたのは次の3つの幻でした。

1.自分でも気がついていない自分の隠れた可能性と才能

自分探しをやめられないアラサーの女性

自分にはまだ知らない、自分すら出会っていないなにか特別な才能があると思っていました。

少しでも興味をもったものを片っ端から試していたのは、「自分の隠れた才能」に出会いたかったから。

「コレだ!コレこそが私が求めていたものだ!」そんなヒラメキが降りる瞬間を待っていました。

自分の才能は偶然見つかるものだと思っていたんですよね。

だから色々試せばいつか見るかるんじゃないかって「探して」いました。

2.もっと自分が輝ける場所

自分探しで探していたのはもっと輝ける自分

今いる場所も悪くないけど、もっと私が輝ける場所、活躍できる場所があるんじゃないか?

今の仕事は私が本当にしたい仕事ではない。ここにいるべきじゃない。

このまま続けていたらどんどん自分の本来やりたいことから遠ざかってしまうような感覚。

本当にやりたいことは他にあるはず。

目の前の現実から逃げる口実に「自分探し」をしていました。

3.人生のショートカット

自分探しで探していたのは簡単に成功できる道

苦労しなくても(特別な才能がない)私でも簡単に成功できそうなものがどこかにあるはず。

ひょんなことからトントン拍子にうまくいく人生。そんなものを期待していました。

結局のところ、人生をショートカットする方法を探していたんだと思います。

誰かがどこからか「成功への道」をつくってくれる。そんなイメージです。

「自分探し」で私が探していたモノとは

苦労しなくて、しかも確実に成功できる何か」でした。

受け身で成功を待っていただけでした。

特別な才能がないからこそ、地道に一歩一歩つくっていくしかないのに。

この事実から目をそらして「自分探し」に頑張る日々。 

はっきりいって時間の無駄でした。

自分探しをスッパリ辞めた言葉

❝Life isn’t about finding yourself. Life is about creating yourself❞

人生は探すものではない。人生は自分自身を創っていくこと

この言葉は、アメリカでコミュニティカレッジに通っていたときのインド人の先生から教えてもらった言葉です。

もともとは、アイルランドの作家George Bernard Shawの言葉と言われています。

「自分探し」から「自分創り」へ

自分探しをやめたきっかけの言葉

「自分探し」と「自分創り」は、人生に対する姿勢が正反対です。

「自分探し」は、自分の中にある(と思い込んでいる)才能を探すこと。

「自分創り」は、今の自分から少しずつ自分の人生を創っていくこと。

自分の人生を創るには、才能のない自分を認めて今いる場所からスタートして一歩一歩つみあげるしかないです。

偶然を待つのではなく、自分で進む。

自分の人生に自分で責任をおう覚悟を決めることです。

この言葉を聞いたのは、「自分探し」ってひょっとして無駄だったんじゃない?と「自分探し」に疑問を持ち始めていた頃。

自分は探さなくてもいいんだ」「これで自分探しを辞められる」とほっとしました。

それと同時に、それまでに「自分探し」についやした時間、お金、労力を振り返って、なんて無駄なことをしていたんだと。

「自分探し」に使った時間を「自分創り」につかっていれば、今頃はなりたい自分に近づいていたはず。

落ち込んだところで何ももどってきませんよね。

これからは「理想の生き方に近づくように、少しずつ積み重ねて自分の人生を創ろう」と決めました。

生まれて初めて「自分の人生に自分で責任を持つ」という決心というか腹をくくったというか。特別な才能がないことを受け入れました。

その時34歳!遅いって!!

今では、理想のライフスタイルへの実現に向けて毎日をすごしています。夢は自分でつかみとるものですから!

自分の方向性を選ぶときのポイント

ドアの前に立ち人生の選択をする女性

自分探しをやめて自分創りへと変えたあとは、今後の方向性の選び方も変わりました。

ちょっと得意なことを伸ばす

特別な才能、輝くような才能はなくても、ちょっと得意なことってありますよね?

アラサーにもなると、不得意なことをうまくなるより、「ちょっと得意なこと」を伸ばすことの方がストレスも少なく、早くすすめます。

私なら、調べ物をしたり、文章を書くとか、物事を仕組み化するとか。

自分の得意なことが思いつかない人は

  • 子どもの頃に褒められたこと
  • 他の人はめんどくさくてやらないけど、自分は苦労なくできること
  • 「そんなことよくやるね」と他の人からあきれられること

を思い出してみてください。それがあなたのちょっと得意な才能です。

努力が続くものを続ける

成功のための唯一のアドバイスは「成功するまで辞めない」こと。

これにつきます。

せっかくはじめても1年もしないで辞めたら何も身につきません。

いやいややることは、長続きしません。

成功するまで続けられるもの。努力が続くものじゃないとそもそも「成功」できないですから。

その先に自分の理想の姿があるもの

努力をすればするほど理想の姿や生活から離れていくような感覚。一生懸命頑張っているのに、進む方向が違っているような。

これでは、努力するだけ苦しくなって、また「ここじゃない」って別の道を探したくなります。

せっかく続けるなら、その先に理想の姿や生活が見えるものを選びましょう。

いきなり理想のステージに行けなくても、同じ方向を目指すことはできます。

あせらなくても、時間をかければ理想にたどり着く。

それを信じられる道で努力したいですよね。

自分探しをやめるきっかけのまとめ

「探す」ことは「探しているものがどこかにある」という期待があるんですよね。

私が探していたのは「自分の中に隠れていてまだ見つけられていない才能」でした。

そんな才能があれば20歳になる前に分かっています。

でも自分は何も特別な才能がないことを認めたくなかった。

自分の中に特別な才能なんてなかったので、「自分探し」で何もみつからないのは当たり前でした。

そんな自分探しの旅の途中ですっかり方向を見失っていた私を救ったのは、

❝Life isn’t about finding yourself. Life is about creating yourself❞

「人生は探すものではない。人生は自分自身を創っていくこと」

という言葉。

自分探しではなく、自分創り。

たった一つの言葉で人生に対する姿勢が180度変わりました。

不思議と自分探しをしていたころは「私は運が悪い。ちっともいいことやいい出会いなんてない」と思っていました。

でも自分創りを始めて自分の人生に責任を持つようになってからは「あれっ?私って実は運がいいんじゃないの?」と思うことが多くなりました。

例えば今の仕事も、たまたま夫の転勤で移動した街に私が大学院とアメリカのコミュニティカレッジで学んだことを活かせる会社があったからですし。

その時に派遣社員として雇ってくれた上司にも恵まれ、さらに正社員として採用されてからは、会社のチームも人も仕事もお給料にも満足しています。

少しずつですが理想の生活に近づいている気がします。

「自分探し」に疲れたり、疑問を持ち始めた人は、「自分探し」を終わりにして「自分創り」へと変えてみませんか?

3年後に夢を現実にするために今できること

30日チャレンジ

やりたいこと無し。焦った時に簡単に始められる5つのこと

では、今日はここまで。
有賀透子

返事を書く

コメントを書いてくださいね。
名前を記入してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください