子どもの生活タイムスケジュール表。10分で作る【スケジュール時計】の作り方

3315

幼児でも見て分かる、子どもの帰宅後のタイムスケジュール表の作り方と、子持ち共働き家庭の帰宅後の我が家のタイムスケジュールを紹介します。

フルタイムで働き始めて、これはキツイと思ったのが保育園から帰宅した後の時間の使い方

あわただしく毎日、毎日、息子をせかすように寝かせています。

だんだん遅くなる子どもの寝る時間。

夜が遅くなれば、朝起きるのも遅くなって、朝の準備遅れて息子を急かしながらイライラという最悪のパターン。

息子を少しでも早く寝かして、きちんとした生活スケジュールですごすには、タイムスケジュール表をつくるしかない!

と思ってPinterestでアイデアをさがしてみたら、子どもの帰宅後のスケジュール時計を発見。

これはすぐにできそうだと早速作ってみました。

共働き家庭の幼児の帰宅後の生活スケジュール。無料PDF付き

 

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはサイトポリシーをお読みください。)

子どものタイムスケジュール時計の作り方

シンプルな時計にマーカーで色をぬるだけなので、10分で作れました。簡単にすぐにできるのはポイント高い!

簡単につくれる子どもの生活タイムスケジュール表。幼児でも見て分かるカラフル時計の作り方

準備するもの

  • シンプルな時計
  • 色マーカー
  • スケジュール表(PDFを用意しました)

私はこの発色の良い油性マーカーを使ったのですが、ホワイトボード用とかの消せるマーカーだと、スケジュールが変わった時に簡単に作り変えられるかなと思いました。

アメリカのアマゾンで買った時計はシンプルでカバーもすぐにはずれました。

カラフルスケジュール時計の作り方

つくり方はとっても簡単です。

1.子どもの帰宅後のスケジュール表を作る

例えば我が家では、

  • 6時から7時が遊び
  • 7時から7時半が夕食
  • 7時半から8時がお風呂
  • 8時から8時半がかたづけ
  • 8時半から9時がベッドで絵本の時間

です。

これはあくまでも理想で、現実は9時前にベッドに行くことが多いです。油断すると気がついたら9時半!とかもあります(汗)。

最初は手書きで書いたのですが、パソコンできれいに作り直しました。字が読めない息子にも分かるように、イラストを入れました。

幼児の帰宅後のタイムスケジュール。無料PDFダウンロード付き。

ついでに、日本語と英語バージョン、色だけぬったもの、色をぬっていないスケジュール表もつくりましたよー。

PDFご希望の方は、ダウンロード先をメールでお送りするので、こちらから登録してくださいね。

子どもの生活タイムスケジュール表無料PDFダウンロード

2.カラーマーカーで時計に色をぬる

時計の文字盤のカバーをはずして、子どもの帰宅後のタイムスケジュールにあわせて色をぬります。

細いペンだと塗りつぶすのがのがちょっと大変でした。色を塗った後に時計のカバーをもどします。

3.時計とスケジュール表を壁にかける

時計をかべにかけて、1でつくったスケジュール表を一回り大きい厚紙にはったり、フレームに入れて時計の近くにはったら完成です。

子どもが一番時間を過ごす場所にはってくださいね。我が家は子どもの遊び部屋(リビングリーム)の壁にかけました。

簡単につくれるカラフルスケジュール時計の作り方。見て分かるから、保育園児の帰宅後のタイムスケジュール表にぴったり。

見てわかるカラフル時計のスケジュール表は、簡単につくれて、子供のスケジュール表、とくに字も時計も読めない幼児にもぴったりですよ

帰宅後の子どものタイムスケジュール時計を作った効果

カラフルスケジュール時計をつくってから、家の中での放課後の時間のすごし方が変わってきました。

帰宅後から息子が寝るまでのタイムスケジュールを、夫と息子と共有できたことが一番よかったです。

今までは、私だけ息子を急かして、イライラしていたんですよね。

時計を作ってからは、夫も息子のスケジュールを気にするようになりました。

夫は、息子を9時前にベッドにつれていくなら、8時には息子をお風呂に入れないといけないと、やっと気がついたようです。

今までなんど言っても、イマイチ伝わってなかったんですけど。

時計がまだ読めない4歳の息子でも、時計の針の動きと自分のスケジュールの関係にうすうす気が付きはじめました。

最近は、今何色?とか針は今どこ?今何時?とよく聞いています。

長い針が何色のときに何をしないといけないのか、ぼんやりと分かっているようです。

たまに「針が赤色まで遊ぶ!」と勝手にスケジュールを変えることも。分かっているけど、やりたくない!まだ寝たくない!とアピールしてます。

スケジュール時計を使う時に気をつけていること

毎日、だいたいのスケジュールを守ればOKにする。

日によっては、全然守れない日もあります。お片付けがすすまないとか、週末とかね。

ストレス無く気持ちよく過ごすためのスケジュール時計なので、スケジュールを絶対に守らなきゃ!と逆にストレスになったら意味ありませんから。

時計を見ながら声かけ&行動する

1つのアクティビティを始める時、終わるときにはスケジュール時計を一緒に見ながら息子に声をかけています。

「みどり色のお遊びタイム~!!」

「針が黄色だからお片づけの時間がはじまるね」

「針が赤いところは何する時間?」

とか、息子に声かけをする時にできるだけ時計を使っています。

上手くいったときはほめる

ちょっとでもうまくいけば、ほめる。

息子から積極的に行動できた日は(めったにないですけど)、べた褒めしています。

時計とスケジュール表の周りをスッキリする

我が家は、息子が遊ぶ部屋のリビングルームに時計をかけています。

周りがごちゃごちゃしていると、気が散って、時計とスケジュール表の存在がうもれてしまいます。余計なものがない場所に時計とスケジュール表をはりました。

簡単に作れるのでぜひつくってみてくださいね。

子供のタイムスケジュールのまとめ

シンプルな時計にマーカーで色をぬって、スケジュール表をつくるだけの簡単なタイムスケジュール表の作り方を紹介しました。

このタイムスケジュール時計を見てあらためて、帰宅後の時間ってすくないなあと思いました。

平日は6時から9時までの3時間です。

朝は1時間もないんで、息子と過ごしている時間は毎日4時間と思うとすごく少ないですよね。

毎日の時間をもっと大切に使うように私の気持ちも変わりました。これが私にとってはこの時計をつくってよかったことです。

息子が小学校に入ってからもこのスケジュール時計を使う予定です。

子育て中の方へおすすめ記事

子どもの時間管理も大切ですが、ママの時間の使い方も大切ですよね。

子育て中は悩みがつきもの。海外で子育てしているとキツイなと思うときが結構あります

では、今日はここまで。
Have a good day!

有賀透子

返事を書く

コメントを書いてくださいね。
名前を記入してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください