ポンポン紙コップ倒しゲーム:幼児の室内遊び

1273

幼児(男の子)の簡単にできる室内遊びを紹介します。ポンポンと紙コップがあればすぐにできますよ。

私が住んでいるアメリカ中西部は、冬が寒くて長いので、簡単に楽しめる室内遊びをよくします。

4歳の息子は、きちんとルールのあるゲームはまだできないので、今年の冬はものすごく単純なルールのゲームをを楽しみました!

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはサイトポリシーをお読みください。)

ぽんぽん紙コップ倒し(幼児でも楽しめる室内ゲーム)

室内遊び。幼児と楽しく簡単に遊べる遊びのひとつ、ポンポン紙コップ倒しの遊び方。#室内遊び #手作りおもちゃ

息子の保育園でみかけたポンポン。カラフルな毛糸のボール。これは室内遊びにぴったり!とすぐに買いました。

ポンポンは

  • カラフルでテンションがあがる!
  • 軽くて幼児でも投げやすい
  • やわらかいので人に当たっても大丈夫
  • 投げても家具も床もキズがつかない

と、幼児の室内のボール遊びに最適。子どもが握りやすいちょっと大きめのポンポン100個入りを買いました。

ポンポン紙コップ倒しのルールはシンプル。

ポンポンを投げて紙コップを倒すだけ。全部倒したらゲーム終了です。

紙コップまたはプラスティックのコップを20個ぐらい準備します。2種類のコップを使っていますが、同じものでもOKですよ。

ポンポン投げ紙コップ倒し

ぽんぽん紙コップ倒しの遊び方

  1. 紙コップをひっくり返して10個並べる(青)
  2. 並べた紙コップのそこの上に紙コップを並べる(透明)
  3. 少し離れたところから、紙コップにむけてぽんぽんを投げる

紙コップを全部倒したらゲーム終了!1から3を繰り返します。

室内遊び。紙コップを使って簡単にできる幼児向けゲーム

応用編で、紙工作でつくった恐竜を紙コップにならべてみました

恐竜のほうが簡単に倒れます。息子は紙コップのほうが楽しかったようで、ひとつ倒すたびに両手をあげてガッツポーズ!!

紙工作の恐竜をやっつけろ!室内遊び。

ぽんぽん紙コップ倒しのポイント

ポンポン紙コップ倒しのポイントは、簡単すぎず難しすぎない距離からポンポンをなげること

全然当たらないと面白くないし、近くすぎても面白くないですから。3回に1回ぐらい倒せると、息子も大興奮。

幼児とできる室内遊び。ポンポンの紙コップ倒し

全部倒したあとは、ポンポンを集めてもう一度紙コップを並べます。

あちこちに散らばったポンポンを集めたり、紙コップを倒さず並べるのも遊びのうち。

普段は片付けが苦手な息子も、遊ぶためならさっさとポンポンを拾っています。紙コップを倒さないように並べるのはちょっとしたチャレンジ。

さっさと並べたくなるんですが、息子、自分で頑張って並べていました。こんなささいなことでも、親が手を出さないって大切ですよね。

こんな単純なゲームですが、子どもにとっては、自分と紙コップの距離感を測ったり、的を狙ってボールを投げる練習になります。

ぽんぽん紙コップ倒しは、まだルールが決まったゲームが難しい幼児の室内遊びにピッタリですよ。

海外でこどものアクティビティおすすめ記事

海外発送もあるアメリカの幼児・子ども向けの通信講座もおすすめです。

海外発送もある日本の通信教材のレビュー

返事を書く

コメントを書いてくださいね。
名前を記入してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください