「外国人が呼びやすい海外でも通じる国際的な名前」をつける3つのポイント

9395

海外で妊娠、出産したとき、一番大きくてうれしい悩みといえば生まれてくる赤ちゃんの名づけ。

海外でも通じる名前をつけたい」

国際的な名前ってどんなの?」

外国人でも発音しやすい呼びやすい名前にしたい」

日本で名づけといえば、字画のよさ、漢字の意味、名前から受けるイメージなどで決めることが多いと思います。

でも、海外移住や国際結婚などで子どもが海外で育つとなると、「海外で呼びやすい名前」の方がよかったり。

アメリカで生まれてくる赤ちゃんの名前を考える場合、

  • そもそも日本風の名前にするのか
  • アメリカ風の名前にするのか?
  • ミドルネームをつけるか、つけないか?

など、日本の名づけとは少し違うところで悩みますよね。

海外でも通用する名前、国際的な名前をつけるポイント。男の子も女の子も外国人が呼びやすい名前をつけたい。

この先、帰国する予定があるのかないのかによっても、名前の付け方が変わってきます。

今日は、

  • 海外での名前の3つパターン
  • 海外で呼びやすい名前をつけるポイント
  • 国際的な名前をつける時に役立つサイト

を紹介しますね。

✅アメリカでの出産準備

私が出産準備でアメリカで買ったベビー用品は、「アメリカで出産準備」にまとめているので参考にしてくださいね。

アメリカで出産!名前は入院前に考える

アメリカでは赤ちゃんの名前は入院中に決める

子供の名づけのタイミング。日本なら、出産後2週間以内に出生届を出すのでそれまでに名前を決めればよいですよね。

でもアメリカでは、

赤ちゃんの出生証明書やソーシャルセキュリティ―番号の手続きは、入院中に病院でするのが一般的

手続きには子供の名前が必要なので、遅くても出産後1日ぐらいで名前を付ける必要があります。

出産は予期せぬ事態になりがちなもの。

出産後のばたばたした中で慌てて名づけをして、後でしまった!となっては大変。

できれば、妊娠中に余裕をもって名前を決めるか、すくなくとも名前の候補は決めておいた方が安心ですよ。

海外での名づけの3つのパターン

日本人がアメリカで赤ちゃんの名づけをする場合、たいていこの3つのパターンになります。

【ファーストネーム:英語名】+【ミドルネーム:日本語名】+【ラストネーム:苗字】

特に国際結婚をされている方、日本人夫婦でも永住する予定の方は、ファーストネームを英語名にして、ミドルネームに日本語名を付けるパターンが多いです。

例えば、Mason・智明・苗字 という具合。

この場合は日本戸籍の届け出は、ファーストネームの英語名でもいいですし、ミドルネームの日本語名で出すこともできます

日本の戸籍にミドルネームを登録する場合は、ミドルネーム+ファーストネームを名として登録することもできます。

どの場合でもパスポートには戸籍の名前を使います。

戸籍にミドルネームを登録した場合は、日本のパスポートはミドルネームの日本語名になります。ファーストネームの英語名は、カッコ書きで併記できます。

もっと詳しく知りたい

日本のパスポートの名前表記について詳しくはこちらを参考にしてください。

これからアメリカで育つ子供は、英語名の方が生活がスムーズにいくかなと思います。

【ファーストネーム:日本語名】+【ミドルネーム:英語名】+【ラストネーム:苗字】

駐在員のご家庭や、時期は未定だけれど数年後には日本に帰る予定のご家庭は、このパターンの名づけをされることもあります。

この場合、アメリカでも日本でもメインに使う名前が、ファーストネームになります。

例えば、(智明・Mason・苗字)。

ミドルネームは、日本に帰国後はほぼ使わないですが、子供が成長してアメリカに行く!となったらミドルネーム復活ですね。

【ファーストネーム:名前】+【ラストネーム:苗字】

シンプルにミドルネームなしのパターン。

これは、日本の名づけと同じです。

ファーストネームを英語名にするか、日本語名にするか、英語でも日本語でも使える名前にするか、自由に決めてください。

わが家は、このパターンで息子にはミドルネームをつけませんでした。理由はシンプルにしたかったから。

実は、ミドルネームの扱いというのがあまりわかってないんです。うっかり書き忘れたり、日本での書類手続きで間違えそうになるかもとか。

ミドルネームを付けることで、書類手続きがややこしくなりそうなイメージ(勝手に心配しただけです)だったのでやめました。

日米で同じ名前を使うので、海外で呼びやすい名前、国際的に通用する名前にこだわりました。

海外でも通じる国際的な名前をつける3つのポイント

海外でも通用する国際的な名前を選ぶ

海外でも通用する呼びやすい名前ってどういう名前でしょう?

日本人でも、アメリカ人をはじめ外国人でも

  1. 名前を聞いた時に聞き取れスペルが分かる名前
  2. 名前のスペルが読めて発音できる名前

を私は呼ばれやすい名前だと思います。

1.ローマ字表記が英語と日本語と同じ名前にする

声に出して呼ばれることが多いので、耳から聞いたときに思いつくアルファベットの綴りがアメリカ人でも日本人でも同じ名前を考えました。

たとえば、ジョージという名前、日本人でも譲二とか譲治とかありますよね?こういう名前なら日本でもアメリカでもよさそうだとおもいませんか?

でもちょっと待って!

アメリカでジョージといえばジョージ・クルーニーですが、日本で譲二といえば山本譲二です(古い!)なんてことはもちろん関係ありません。

問題は、アルファベットでどう書くかです。

ジョージは日本のヘボン式のローマ字つづりだとJOJIとなります。あれ何か変ですね?そうです、英語ならGEORGEです。

女の子の名前なら、たとえばハナというアメリカ人にも人気の名前。

日本式のローマ字で書くときはHanaですが、英語はHannahまたはHannaとなります。

こういう発音は似ているけれど、英語のスペルと日本語のスペルがちがう名前は、名前を電話で伝えたときとかスペルミスになりそうなのでやめました。

2.日本語と英語の発音が近い名前にする

名前は、自己紹介のときなど耳から聞くときと、病院や学校の名簿などスペルから呼んでもらう時があります。

名前のアルファベットを見て名前を呼ぶときに、アメリカ人の発音と日本人の発音が近くなる名前を選びました。

例えば、Mie、Rie、Kei、Mei、Rei (ミエ、リエ、ケイ、メイ、レイ)とか、短くてアメリカ人にも簡単に呼んでもらえそうです。

でもこの母音が重なった名前のいくつかは、国際的な名前として紹介されることもありますが、実はアメリカ人には発音しにくいです。

というかどう発音していいかわからないことも多いです。

それぞれミー?マイ?リー?ライ?キー?カイ?ライ?リー?となって、まず本当の名前では読んでもらえません。

日本語のローマ字の読み方と英語の発音の仕方が違うんです。

呼びやすい名前は、Maria、Naomi、Nora、Ariana、Sara、Ian などです。

日米の発音でまったく同じというわけではないですが、お互いに通じるぐらいは近い発音かなとおもいます。

あとで紹介している、名前の発音を確認するサイトで英語の発音がチェックも忘れずに。

3.日本人が発音しやすい名前にする

英語の時間でもありましたよねRとLの発音の聞き分け。

やはりRとLの発音の違いは、日本人にとっては難しいです。

特にRから始まる名前は、日本人が発音するとLやDに聞こえることも。(日本人がというより、私の問題ですね、、、。)

まず一回では聞き取ってもらえません。さらにスペルも毎回伝えないと、間違って覚えられます。

せっかく英語名をつけたのに、自分が子供の名前を発音しにくかったら悲しいですよね。

とはいっても完璧な英語の発音をマスターするのは難しいので、できるだけ日本人が発音しやすい名前、カタカナ英語で通じる名前を選びました。

英語の名前の候補が見つかるサイト

Nameberry.com

意味から名前を検索したり、人気の名前、有名人の子供の名前などができます。

今日の流行りの名前とか、特定のアルファベットで終わる名前、例えばYで終わる名前なども検索できます。

英語の名前を考えるなら、とても参考になるサイトです

Babycenter.com Names Finder

このサイトも、名前の意味や由来から名前を検索できます。

候補の名前で検索すると年代ごとの流行も分かります。

名前の候補が決まったら確認したいサイト

海外でも通用する名前、国際的な名前をつけるポイント。男の子も女の子も外国人が呼びやすい名前をつけたい。

アメリカで人気の名前&年代を感じるちょっと古臭い名前をチェック!!

Social Security Popular Names by State

こちらのサイトではアメリカの州ごと、年代ごとの人気の名前を見ることができます。

例えば、カリフォルニアの2013年生まれの子供の名前トップ3は、男の子はJacob, Ethan, Daniel 女の子ではSophia, Isabella, Miaとなっています。

このソーシャルセキュリティオフィスの名前のデータをもっと見やすくしたのがこちらのサイトです。

このサイトでは、1960年から2012年までの州ごとの人気の名前がマップされています。最近の人気の名前の他に、昔流行っていた名前もチェックしましょう。

あまりに古い時に流行った名前というのは、アメリカ人からみたら古臭く感じるかもしれません。

日本でたとえるなら、トキさんとかウメさんみたいな感じ?

名前にまつわるアレコレを調べる

Names.org

このサイトでは、年代ごとの名前の人気度、州ごとの人気、同じ名前の有名人、名前からイメージするポスターや、アルファベットごとの意味(おまけ)を見ることができます。

珍しいスペルの名前は、もっと一般的なスペルも教えてくれるので、日本風の名前を付ける場合でも参考になります。

赤ちゃんの名づけの参考にもなりますが、自分の名前を調べてみるのも面白いです。

なんと生年月日を入力すると、前世を教えてくれます。

ちなみに私は、前世は700年ごろにニュージーランドで生まれた男性で大工でした!

Babble.com

このサイトでは名前の由来や意味を確認できます。

他にも、意味から名前を探したり、由来から名前を探すこともできます。

Behindthename.com

このサイトでは、名前のスペルで検索すると、名前の由来、有名人、発音記号、国ごとの流行りなどが分かります。

名前の発音を確認する

もちろん、アメリカ人の知り合いに確認するのが確実ですが、手っ取り早く発音をチェックするなら、こちらのサイトが便利です。

How to Pronounce.com

スペルをタイプして検索すると発音が聞けます。日本語の名前でも、英語やフランス語でどう読まれるかなど確認できます。

Pronounce Name

このサイトもスペルをタイプすると発音が聞けます。

発音記号や近い音の説明があるので、自分の名前の発音を説明する参考にもなります

日本語の名前は、音声があるものとないものがあります。

海外で名づけするなら、思わぬ意味がないかもチェック!

せっかく思いを込めて付けた名前が、住んでいる国で思わぬ意味があったらちょっと悲しいですよね。

Navarまとめサイトに、外国語では意外な意味を持つ日本語の名前一覧がありました。→あなたの名前は大丈夫!?外国人が驚く日本人の名前一覧

海外で通用する赤ちゃんの名づけまとめ

赤ちゃんの名づけ、日本でもアメリカでも悩むのは同じです。

我が家は、日本人でも外国人でも、読みやすく、聞きやすく、発音しやい名前にこだわりました。

息子に選んだ名前は、スペイン、イタリア系で、日本人にもなじみのある名前です。漢字は少し当て字っぽくなってしまいましたが、まあ良しとしています。

保育園で、他の子どもたちが息子の名前を呼んでいるのを聞くと、息子はこうしてアメリカで成長していくんだなーと。アメリカ生活になじんでいる様子がうれしいやら、寂しいやら。複雑です。

色々書きましたが、結局はどんな名前でも両親の思いがこもっていればOKですよね。

今日はここまで。では!

アメリカ出産準備リストにもどる

アメリカの出産準備のおトク情報

ベビーレジストリ

アメリカの出産準備で欠かせないのはベビーレジストリ(親戚や友達とシェアできるほしいものリスト)の作成です。

Amazonのベビーレジストリは品揃えも多く使いやすいし安心です(登録は無料)。

しかも最後にリストにある商品を自分で買う時は、全品10%引き、プライム会員は15%引き(completion discount)になります。

ストローラーやベビーベッドなどの大モノはレジストリにのせておき、Completion Discountを使って購入するとかなりお得に購入できますよ。

Completion discountは、出産予定日から60日以内、出産後180日以内に1回だけ使えるディスカウントです。

妊娠中の方はレジストリを作って出産準備をしてくださいね。レジストリ作成は無料です。

クーポンや試供品をもらう方法

返事を書く

コメントを書いてくださいね。
名前を記入してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください