アメリカでチャイルドシート(Car seat)を選ぶ前に知っておきたい3つのこと

18447

今回は、アメリカで買うチャイルドシートの選び方です。

アメリカでは、カーシートがなければ、赤ちゃんの退院も許されません。

チャイルドシートはまさに必須のベビー用品です

車がないと生活できない地域に住んでいるので、1か月検診や普段の買い物などチャイルドシートがないとどこにも行けませんし。

アメリカのチャイルドシートの選び方。種類、年齢、使用ルールなど。

アメリカではチャイルドシートは、Car Seat(カーシート)と呼ばれます。英語でのベビー用品の呼び方が分かることも、出産準備本のBaby Bargainsを買ってよかったことの一つ。

私が出産準備でアメリカで買ったベビー用品は、「アメリカで出産準備」にまとめています。

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはサイトポリシーをお読みください。)

1.アメリカのチャイルドシートの種類

アメリカのチャイルドシートって、種類が多くてわかりにくいですよね。

カーシートの基本は3種類です。それに合体型をたしたら大きく分けて4種類です。

  • Infant(新生児用のカゴ型)
  • Convertible(幼児用チャイルドシート)
  • Booster(学童用チャイルドシート)
  • HybridまたはCombination(幼児から学童まで使えるタイプのもの)

出産準備なら迷わずゆりかご型のInfantタイプがおすすめです

他の在米ママさんに聞いても、Infant以外の選択肢はちょっとないです。

それぞれのカーシートを簡単に説明しますね。

Infant(新生児、乳幼児用ベビーシート)

アメリカで新生児用のチャイルドシートを持つ男性

後ろ向きに座らせるタイプで、新生児から、体重が22~35 lbs(10~15 kg)まで、または身長が29~33″(74~84 cm)になるまで使えます。

製品ごとに制限体重と身長がちがうので確認してくださいね

目安としては、生後から6か月から1歳ぐらい(息子は小柄だったので1歳10ヶ月ぐらいまで使いました)。

赤ちゃんを寝かせたまま取り外しができるので、キャリーにもなるし、ストローラーとドッキングできるものなどあり、新生児の移動手段としても活用できます。

新生児健診での待ち時間などは、そのまま揺りかごとして使えるのですごく助かりますよ。

ベースになる部分を車の後部座席に設置して、その上にとってがついたゆりかご型のチャイルドシートをのせます。

我が家では、ベースを1つ追加して2台の車で使っていました。

新生児用のチャイルドシートのおすすめブランドは、私も使ったChiccoのKey Fitです。デイケアでもよくみかけます。

✔️Chicco Key Fitを詳しく見る

使った感想

このChicco Keyfit 30の新生児用のチャイルドシートをまずは買いました。新生児用には、このタイプのチャイルドシートがおススメです。

新生児用のチャイルドシートを買うかどうか迷っている方へ

Convertible(幼児用チャイルドシート)

新生児から幼児まで使えるタイプ。新生児から乳幼児の期間は、後ろ向きで座らせ、それ以降は前向きで座らせるタイプです。

固定式で持ち運びはできません。

最近はAll-in-oneタイプとよばれる、新生児から学童になるまでつかえるカーシートが人気です。

EvenfloのこのAll-in-oneのカーシートは

  • 後ろ向き乳幼児(5 – 40 lb, 0.9 – 18 kg)
  • 前向きでハーネス使用(22 – 65 lb, 10 – 29kg)
  • ブースター(40 – 110 lb, 18 -50 kg)

と、赤ちゃんの成長に合わせてかなり長くつかえるカーシートです。

長く後ろ向きに赤ちゃんを座らせられて、かなり長く使えるAll-in-oneタイプのカーシートが増えています。

AmazonでおすすめのAll-in-oneを見る

 Booster(学童用チャイルドシート)

Convertibleタイプのカーシートが小さくなった後に使う。

大人用のシートベルトが使えるように、座高を高くして、シートベルトの位置を調整する。背もたれのない、シートだけのタイプもあります。こんな感じの製品。

HybridまたはCombination(幼児から学童まで使えるタイプのもの)

幼児から学童まで使えるようにデザインされたタイプ。後ろ向きにはなりません。

下のBritaxの製品は25lb-90lb(約11Kgから40Kg)がハーネス使用で、ブースターとしては約18kgから54Kgまで使えます。

使った感想

夫の車にはInfantの次にConvertibleを買ったのですが、後ろ向きに座らせると足を曲げて狭そうにしていたので、結局すぐに前向きで使いました。それで私の車用にはRecaroのCombinationを買いました(現在は販売されていません)

 

息子が1歳10ヶ月ごろから使っていますが問題なく使っています。夫の車のカーシートもInfant→Combinationにすればよかったと思います。

 

ただし2歳までは後ろ向きに設置するという州(カリフォルニアなど)では、Infantの次はConvertibleかAll-in-oneタイプがおすすめです。

 

大きめのカーシートを後ろ向きに設置する場合は、できれば実際に車に設置してスペースを確認した方がよいです。助手席をかなり前にしても狭い場合もあるので注意です。

 

ConbertibleはCombinationに比べて座席が高くなるので、息子の空間が少し狭くなります。小さめの車ならCombinationの方が良いですよ。どちらも4歳半の息子はまだ使っています

 

AmazonでおすすめのCombinationを見る

2.チャイルドシート使用規定と年齢

アメリカのチャイルドシートに座る赤ちゃん

アメリカではチャイルドシートの使用について州ごとにきびしく法律できまっています。

例えば、1歳未満の赤ちゃんはカーシートを後ろ向きに設置するという州もあれば、2歳未満までは後ろ向きに設置するという州もあります。

簡単にチャイルドシートの仕様規定をまとめますね。各州でルールがちがうので、必ず住んでいる州の規則を確認してください。

少し詳しく知りたい アメリカの州ごとのチャイルドシートのルールを確認できます。

簡単にアメリカのチャイルドシートを使う時の年齢などのルールを説明しますね。

新生児・乳児用チャイルドシート

  • 後部座席に設置する
  • 後ろ向きに設置する
  • 2歳(または1歳)まで後ろ向きに座らせる
  • もしくはカーシートの制限体重か身長になるまで使う

できるだけ長く後ろ向きに座らせるのが基本です。

幼児・未就学児のチャイルドシート

  • 後ろ向きのカーシートの制限体重か身長をこえたら前向きに設置する
  • 2歳まで後ろ向きならConvertibleがおすすめ
  • チャイルドシートのハーネスをつかって赤ちゃんを固定する(車のシートベルトはダメ)
  • チャイルドシートの制限体重か身長になるまで使う

小学生のチャイルドシート

  • 幼児用のチャイルドシートの制限体重か身長をこえたらBoosterを使う
  • 車のシートベルトを使う
  • 身長が約145センチを超えるぐらいまで使用する
  • 目安は8歳から12歳
  • 13歳以下の子どもは基本的には後部座席に座らせる

3.チャイルドシートを買う時に気を付けたいこと

アメリカでチャイルドシートを選ぶ女性

色々とカーシート購入のポイントが紹介されていた中で、私が特に気を付けようと思った点をまとめてみました。

  • できるだけ新品を購入すること。中古品は、事故った車についていたカーシートかもしれないし、カーシートの安全性技術は年々進歩しているので新しい方が安全性が高い。また、型のはっきりしないものは、リコールの情報が分からない等々の理由です。
  • できるだけ後ろ向きで座れる期間の長い方がよい
  • 後付のアクセサリー類は、事故の際に赤ちゃんにぶつかり怪我の原因になりうるので付けない
  • どんなカーシートも、正しくインストールして正しく使わないと意味がない
  • サイドからの衝撃吸収性を考慮する
  • ヨーロッパ製のものは、アメリカの基準を満たしているか確認する

実を言うと、ひょっとしたら知り合いからカーシートもらえるかもと期待していたのですが、今はあげるといわれても、カーシートだけはお断りしようと思っています。

Check!

アメリカで初出産の方は、出産する病院へ行くタイミングをアメリカで出産ナースとして働くヒラリーさんがわかりやすく説明した無料ビデオ講座(Free Beginning Prenatal Class)が参考になります。

今日はここまで、では。
Have a good day!

アメリカ出産準備リストにもどる

アメリカで出産準備のおトク情報

ベビーレジストリ

アメリカの出産準備で欠かせないのはベビーレジストリ(親戚や友達とシェアできるほしいものリスト)の作成。

Amazonのベビーレジストリは品揃えも多く使いやすいです(登録は無料)。

最後にリストにある商品を自分で買う時は、全品10%引き、プライム会員は15%引き(completion discount)になります。

ストローラーやベビーベッドなどの大モノはレジストリにのせておき、Completion Discountを使って購入するとかなりお得に購入できます。

Completion discountは、出産予定日から60日以内、出産後180日以内に1回だけ使えるディスカウントです。

妊娠中の方はレジストリを作って出産準備をしてくださいね。レジストリ作成は無料です。

クーポンや試供品をもらう方法

返事を書く

コメントを書いてくださいね。
名前を記入してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください