子ども連れワシントンDC旅行。3泊4日ハイライト!

1524

3歳の息子を連れてワシントンDCに行ってきました。木曜日に夫の出張に合流して日曜に戻ってくるというスケジュールです。木、金は有給を使いました。正社員になると有給があるのがうれしいですね。

中西部からワシントンDCまでは一日がかりの移動です。最終日の日曜日も移動なので、結局ワシントンDCで遊んだのは2日間。

2日間のDC滞在のハイライト、いってみましょう!

子ども連れワシントンDC旅行3泊4日のハイライトです。幼児をつれてのアメリカ国内旅行です。泊まったホテル、レストラン、遊びに行った場所を簡単に紹介しますね。ワシントンDCはオシャレだし、子供向けのアトラクションもたくさんあるので、もう一度行きたいです。

(Disclosure:記事中のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはサイトポリシーをお読みください。)

Sponsored Ad

子連れアメリカ国内移動

朝の11時過ぎのフライトでシカゴで乗り換えワシントンDCについたのは夕方5時過ぎ。

子連れでアメリカ国内の移動は久しぶりで、かなり早めに空港についてラウンジをウロウロ。2時間ぐらい待ってたかも。

シカゴの乗り換えは1時間ちょっと。

乗り継ぎの飛行機が遅れたので、ここでも2時間近く待ちました。すぐに飛行機に乗りたくて仕方ない息子をなだめすかしての2時間。しんどかったー。

最後には床に突っ伏してカメになって泣いてしまい、隣で並んでいたお兄さんにあやしてもらう始末。このお兄さん、GOOD JOB!!って周りの人からもほめられてました。

アメリカでよかった。

三才児を連れての移動は、精神的&体力的にもアラフォーにはきつかった!

Sponsored Ad

ワシントンDCの公共交通機関

ワシントンDCでの移動は、地下鉄、バス、タクシー、徒歩で。

アメリカ国内旅行は、車で行くか現地でレンタカーを借りることがほとんですが、今回は車はなし。すべて公共機関を使って移動しました。

息子も電車やバスにのれて大喜び。たまにはいいですね。

ワシントンDCの地下鉄

地下鉄とバスの移動にはSmarTripカードが便利でした。最初に$25をチャージして最後に2,3ドル残ったぐらい。

空港から地下鉄でホテルまで向かいました。

東京の地下鉄と比べると駅や社内の標識がわかりにくいので、メトロの駅で地下鉄の路線図をもらっておくと安心です。

空港から都心には、ブルーかイエローラインで向かいます。イエローラインの方が本数が多かったので、イエローで中心部にいって乗り換えました。

空港からホテルの駅までは15分ぐらい。とっても便利。地下鉄のドーム型の天井が高い!暗いけど。

バスもSmarTripカードで支払いできます。前払いです。

ワシントンDCのホテル・宿泊先

宿泊先はDCの中心地で地下鉄から歩いて2分のThe Embassy Row Hotel(エンバシーロウホテル)。おしゃれで清潔、そしてなによりも場所がよかった。

Dupont Circleまで5分もかからず、歩いて行ける範囲にレストランやショッピング街。動物園まで一駅。タクシーをつかってもすぐです。

革靴で歩き疲れた(出張だったので運動靴を持ってきてなかった!)夫は、ホテル近くのお店で運動ぐつを買ってました。歩いているだけでも楽しい街でした。

最寄りの地下鉄の駅では、日曜日の朝にマーケットがでてました。

小さい子供連れのワシントンDC短期滞在なら、地下鉄駅近くのホテルが便利でおすすめですよー。

地下鉄にもすぐにのれるし、メインの観光スポットへもタクシーですぐの距離。何かあっても、タクシーですぐにホテルに戻れると思うと安心です。

子ども連れワシントンDCのエンタメ

子ども連れの旅行は、子ども中心になりますね。息子は3歳なので、スケジュールはあってないようなもの。ムリをしないで遊んできました。2日間で行ったのはこの3箇所。すべて入場料は無料です!

ワシントンDCの航空宇宙博物館でみたスペースシャトルDiscovery。ヴァージニアにある別館の航空宇宙博物館です。時間があればぜひ!

航空宇宙博物館(Smithsonian National Air and Space Museum)

今回行ったのはWashington DCにある本館ではなく、バージニアにある別館の方(Steven F. Udvar-Hazy Center)です。同じ名前で場所が2つあるので気をつけてくださいね。

別館の方にはスペースシャトルDiscoveryの本物やコンコルドなど大物が展示されていました。ホントは、夫が一番行きたがってた。

広々としたスペースに飛行機がたくさん。ライト兄弟の飛行機やゼロ戦、特攻隊機も。

スペースシャトルは、近くで見るとタイル一枚一枚に傷がありました。大気圏をなんども往復したんだなあと。

小型飛行機の運転席にのれるもの、あとは座席がうごきながら映像が映る3D系のアトラクションがありました。息子は、小型飛行機の運転席で遊んでました。

一通り遊んだ後は、お土産をかって中にあるマックでひと休み。

その後は、Observation Towerに登って、となりのWashington Dulles International Airportに離発着する飛行機をみてきました。

IMAXシアターの手前にあるエレベターでタワーに上ります。エレベターの場所がわからず、案内の人に教えてもらいました。もちろん、うちの男子二人はガラスに張り付いて飛行機を見てました。

このタワーはぜひ登ってくださいね。おすすめです。

航空宇宙博物館 別館への行き方

ワシントンDC中心部から、地下鉄&バスで1時間半ぐらいかかりました。シルバーラインで終点Wiehle-Reston East stationまで行き、そこからバスに乗り換えです。

バスは40分ぐらい。Washington Dulles International Airportの次の駅が航空宇宙博物館です。

【注意】地下鉄の路線延長工事をしていたので、行くときは最新情報を確認した方が良さそうです。

帰りのバスの中で息子は爆睡。これにてこの日は終了!

ワシントン国立動物園(Smithsonian’s National Zoo

ワシントン国立動物園。入園は無料なので、動物園が大きか公園のよう。ジョギングしたり、散歩したり。気軽に来れるひとがうらやましくなるぐらい。子ども連れなら1日遊べますよー。2日目はメインイベントの動物園へ。

ホテルから一駅、駅から10分ぐらいオシャレな街なかを歩いたら動物園に到着。もちろん無料なので、大きな公園に入る感じで動物園に入りました。

この日は、朝は肌寒かったけれど日中は半袖でOKなぐらい気持ちのいい天気。お散歩をかねてよく歩きました。

息子の心をつかんだのは、子どもパンダ。木に登ったり、枝にぶら下がってドテッと落ちたり。癒やされました。

アマゾン館では、魚の他にも小さな植物園もあり、中ではサルが放し飼い。息子、ビビりまくりです。

とにかく盛りだくさんで、ここで一日遊べそうでした。

お昼になったので、近くの街まで歩いて昼食。そこからはタクシーで一旦ホテルに戻ってひと休憩。

午後からは、スミソニアン博物館です。

スミソニアン博物館(National Museum of Natural History

スミソニアン博物館といえばここ。改装中ではありましたがメインの恐竜を見てきました。うちの3歳児には、ちょっと早すぎたかも。

入り口のセキュリティチェックで荷物検査をして入館。とりあえず恐竜を見に行きました。

息子がお昼寝モードになってグダグダになったので、ジュエリーをよこめにザッと館内をみたらそそくさと退散!

人も多くて、うちの三歳児にはイマイチでした。ガーデンか動物園に行ったほうがよかったかも。

外で休憩している間に寝落ちした息子を夫が抱えて、地下鉄でホテルに戻りました。地下鉄の目の前のトランプホテルをちら見しつつメトロの駅へ。

最後はグダグダでしたが、気持ちのいいワシントンDCでした。

ワシントンDCの食事

うちのアメリカ国内旅行のメインの目的は食!ここ中西部では美味しいレストランを探すのが大変ですから。

エンバシーロウホテルから歩いて行ったカフェ&レストランはこちらです。

Le Pain Quotidien

ホテルから歩いて2分ぐらいの小洒落たベーカリーです。10時頃にブランチしました。店内は、ひとが多くて少し狭め。あまり子連れ向きではなかったです。

オシャレな雰囲気を楽しみました。

ワシントンDCのデュポンサークルにあるオシャレなベーカリー。雰囲気がとってもよかったですよ。ブランチに最適です。

普段アメリカで生活していると海外にいる感じはしないんですが、アメリカ国内旅行をすると海外旅行をしている気分になります。

ふだんオシャレカフェなんて行かないからか、ここでもあー海外にいるなあとしみじみ。

Nagomi Iazkaya

ホテルから歩いて10分ぐらいのところにある居酒屋さん。どちらかというと、定食屋&居酒屋という感じ。普通に美味しかったです。ミニ丼が嬉しかった!

店内もかしこまって無くて子づれでも大丈夫。それがここを選んだ理由でもあるんですけど。

それと、息子は卵アレルギーなので、外食はちょっと大変。和食なら、そばやうどん、白ご飯があるので助かります。

大人二人+三歳児で、かなり食べました。ビールはお互い2杯ほどで合計$120ぐらい。

BOQUERIA

ホテルから歩いて10分ぐらいのバル風スパニッシュレストラン。Nagomi Izakayaの近くです。

夫婦でスパニッシュとくに小皿料理のバルが好きなので、旅行中には日本食かスパニッシュがうちの定番。

BOQUERIAはニューヨークにもお店があるレストラン。

サングリアの飲みつつ、エビのアーリオ、ソフトソーセージ、ハモンをおつまみにパエリアを待ちました。

ワシントンDC のおすすめスパニッシュレストラン&バル。しっかりと魚介のスープがきいたパエリアが美味しかったです。

魚介のスープがしっかりきいていておいしい!

もうねえ、中西部に住んでいると美味しいシーフードがすぐに食べられる東海岸や西海岸がうらやましい。

ここでは$140ぐらいでした!!ふだんは外食ほぼゼロなので、旅行中ぐらいはいいよね。

息子もパエリアのご飯を食べて大満足。

この日は、ハローウィンの土曜日の夜。テラスで食事をしていたら、隣コスチューム姿で隣のバーに来る人もたくさん見れました。チューバッハ、悟空、ミニスカポリスやらなんやら。若いっていいなあ。

子ども連れの外食なので、6時にはお店にはいって7時半ぐらいには出る感じです。あまり遅くなるとやっぱり危ないですから。

大満足のワシントンDC最終日でした。

子連れワシントンDC旅行Map

今回の旅行でいった場所のマップです。航空宇宙博物館がバージニアにあるので、かなり広範囲な地図になりました。こうしてみると遠かったのね。

子連れワシントン旅行のまとめ

久しぶりのアメリカ国内旅行は、3泊4日のワシントンDCでした。

市内や近郊の移動なら公共機関で十分、車は必要ないです。これなら、日本から遊びに行くのもおすすめ。スミソニアンは動物園も博物館もすべて無料なので、子連れ旅行にはありがたいですね。

短い滞在だったけど、街の雰囲気がなんとなく東京っぽくて気に入りました。まだまだ見どころもたくさんあるので、また機会があれば行ってみたい!

ひさしぶりにスーツ姿のサラリーマンを多く見ました。私の会社も夫の会社もスーツで出勤するひといないもので。スーツ姿のサラリーマンも東京を思い出したのかも。

たまにはアメリカ国内旅行もいいものですね。

アメリカ国内旅行のおすすめ記事

夫も私もワシントン州とオレゴン州が大好き。いつか移住したいと思いつつ旅行にいっています。

では、今日はここまで。
Have a good day!

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントを書いてくださいね。
名前を記入してください