モンテッソーリに学ぶイヤイヤ期の子供と向き合う7つのコツ

364

モンテッソーリでイヤイヤ期を乗り越えよう

こんにちは、あるまむです。この記事は2013年7月13日の記事を編集しました。

Sponsored Ad

おうちでモンテッソーリを実践してイヤイヤ期を乗り越える

昨日に引き続き、モンテの話しです。

モンテッソーリその人が書いた本では、お家でモンテ流を実践するためのイメージがつかみにくかったので、別の本を読みました。how to raise an Amazing Child The Montessori wayです。

How to Raise an Amazing Child the Montessori Way
Tim Seldin
Dk Pub (P) (a)
売り上げランキング: 28,186

これは、写真が豊富で分かりやすく、英語も読みやすかったので1週間ほどで読んでしまいました。

本の内容をざっくりと紹介

モンテッソーリの考え方をベースに、年齢ごとの敏感期の説明から、年齢ごとのアクティビティの具体例が写真付きで解説してあります。

特に、家での日常の動作の練習や家事の手伝い、モンテを実践するための環境づくりなど分かりやすかったです。

その他、子供が駄々をこねたときやイヤイヤ期、反抗期の対応の仕方、叱るときの注意点などもあり、なるほどと思ったり、そんな簡単に収まれば苦労しないよなと思ったり。

最後には、モンテ幼稚園の選び方もありました。モンテと名乗っていても内容は様々なので、やはり幼稚園を見学して子供にあった場所を選ぶようにとのこと。

アメリカでは誰でもモンテ流と名乗ることができるらしいので、モンテだから安心というわけではなさそうです。

モンテに学ぶイヤイヤ期をのりこえる7つのコツ

これらはこの本を参考にして、2歳児まさにイヤイヤ期の息子に対して実践していることです。

  • 子供にあらかじめ予定を伝える。10分前には公園から家に帰るよなど。
  • 前もってできる範囲を伝える。おもちゃ屋さんに行く前に、何を買うかなど。一度決めたら守る。
  • 子供に選択権を与える。どれが良い?よりも、これとこれでどっちがいい?という感じ。
    どの服着ていく?と聞きながら、子供が選択した服にダメ出しするより、2着選んでおいて選ばせる。何が飲みたい?よりも、牛乳とトマトジュースどっちにする?とか。
    親がある程度コントロールしつつ、子供にも選択権があることがポイント
  • 子供は決まった時間に決まった行動をすることを好むので、予定を入れすぎて、次から次へとアクティビティの予定を立てない。
  • 子供が間違ったことをするのを待ってから叱るよりも、その前に正しいことを教える
  • 家族の掟をつくる。例えば、お互いを尊敬しあう。何かを使ったら、終わったらもとにあった場所に戻す。こぼしたり、壊したりしたら、自分で片づける。本当のことを話す。
    間違いを認めることをおそれない。など。何々はダメ!という禁止項目ではなく、するべきことに注目する。
  • 魔の2歳児に対して返答不能な問いかけをしない。「何度言ったら分かるの?」とか

 

この中でも、子供に予定を伝えること、選択肢をあたえることは特に意識しています。予定を伝えるのも、1回でわかるわけではないので、何度も繰り返し伝えています。

「今日は保育園に出発するよ。」という大まかな予定から、

「ご飯食べたら、おむつ替えようね。」「おむつ替えたら、シャツ着ようね。」といった一つ一つの行動まで、これから何をするのか伝えるようにしています。

かといって、これでいつもすんなりいくわけではなく、着替えに10分、20分かかることも。こんなものかもしれません。

「こっちの黄色い服と緑の服どっちがいい?」と聞いてうまくいくこともあれば、息子が別の服を取り出すことも。

モンテと言っても魔法ではないので、根気というか我慢づよく言い聞かせるしかないようです。

モンテについて私が思うこと&まとめ

 願わくばモンテ流の育児を実践して、早い時期(2歳~3歳 家事のお手伝いをお手伝いと思わない時期)に、子供に家事の手伝いが自分の仕事だと認識してほしいなあと目論んでいます。

5歳ぐらいになると、やらされてる感やめんどくさいなど言いそうなので、そう思う前に家事の手伝いと片づけをしこんでおこうと思います。
 
自分の子供を3歳からモンテ流の幼稚園に通わせたいとは思うものの、状況次第でどうなることやら。

とりあえずモンテと共通するなあと思う、収納アドバイザーで大人気ブログOURHOMEのEmiさんの、子供のやりたい気持ちを大切にする「おかたづけ育、はじめました。」で、家の片付けから始めたいと思います。

アメリカでおかたづけ育はじめました(追記)

リビングルームのおもちゃがだんだんと増えてきたので、子供用スペースをつくろうと棚を買いました。まだまだ途中ですが、こんな感じでおかたづけ育を始めています。

今日はここまで。では!

Have a good day!

Sponsored Ads

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントをどうぞ!
お名前を記入してください