海外在住。中国人に間違えられて激おこのひとにモヤモヤする5つの理由

624

海外で暮らしていたり、海外旅行中に中国人に間違えられたことありませんか?

ニーハオ!!とすれ違う時に声をかけられたり。中国人や東南アジア系に間違えられることって、海外にいるとわりとありますよね。

海外で中国人に間違えられた経験ありますか?人によってはものすごくショックを受けたり、怒ったり。でもよく考えると、海外で中国人に間違えられる方が当たり前で、日本人だと分かってもらえる方が珍しい。中国人に間違えられて怒る人に感じるモヤモヤをまとめてみました。

私の場合は日本人からも中国人?タイ人?日本人なの??としょっちゅう確認されていたので、いまさら他の国の人から日本人以外に間違えられたところでまったく気にしません。

でも人によっては中国人に間違えられた~。私を中国人と間違えるなんて信じられない(怒)!!ショック!を受ける人も。

こういうのを聞いたり、ネットの掲示板やブログで読むたびに、なんだかな~とモヤモヤしていたので、中国人に間違えられてもショックを受けなくてもいい理由を考えてみました。

Sponsored Ad

海外で中国人に間違えられてもショックを受けなくていい4つの理由

もやポイント1:黒人や白人の国籍を見分けられないのに、アジア系を見分けてと期待するのはムリだって!

アジア人以外に見た目でアジア人を見分けてほしいってムリな願いです。だって、私は黒人をみてどこの国の人かなんてわかりませんから。ESLのときにアフリカからの学生もいましたが、出身国の違いは見た目では分かりませんでした。

フランス人、イタリア人、ドイツ人、言われないと見分けがつきません。ESLでカザフスタンの生徒たちを始めてみたときは、ほんとうにどこらへんの国の人達なのかすら検討つきませんでした。アジア系のようなヨーロッパ系のような。

アジア系でもネパール人は、中国?日本人?でもちがうような。

アメリカでつくづく思いました。「見た目で国籍はわからない」と。外国人に中国人と日本人を見た目で区別してと期待するのはムリがあります。

もやポイント2:中国人と日本人の顔つきがものすごーく似てるよ

中国人と日本人、顔だけみるとかなり似てます。

会社に中国人の同僚が数十人いますが、この人が日本に行ったら日本人に間違えられるだろうなあと思う人たくさんいます。こういう人、日本人にもいるいるって。

逆に、今では日本人の顔を見て、中国人にもこういうタイプの顔のひといるいるって。それぐらい中国人の顔にみなれてきました。これは私が言うのも何ですが、日本人と中国人は間違えられても仕方がないぐらい似てます。

中国人に間違えられた!とショックを受けているひとの顔をみて、(ごめん!アメリカでみたら私でも間違えるかも)と密かに思うこと多いです。本人は気がついていないだけですが中国人に見えます。

ちなみにDienekes’ Anthropology Blogに中国人、韓国人、日本人の女性の顔写真をならべた記事があります。韓国人はなんとなく違うように見えますが、中国人と日本人はよく似ています。日本人は日本人だとわかったけれど、中国人の顔はこれ1枚だけ見せられたらちょっと考えます。(リンク先の写真の答えは、その記事のタイトルの順番です)

海外で中国人に間違えられた経験ありますか?人によってはものすごくショックを受けたり、怒ったり。でもよく考えると、海外で中国人に間違えられる方が当たり前で、日本人だと分かってもらえる方が珍しい。中国人に間違えられて怒る人に感じるモヤモヤをまとめてみました。

もやポイント3:「日本人(自分)は他のアジア系の国と雰囲気がちがうからわかるよ」という外国人のコメントはあてにできないよ

顔は似ていても、服とか髪型とか雰囲気でわかるでしょ。と思うかもしれませんが、中国人、日本人の友達がたくさんいる人ならいざしらず、一般人はそんな違い知らないし分かりません。そんなこと気にしたこともない人がほとんどです。

「日本人は(他のアジア人に比べて)オシャレなのでなんとなくわかるよ」なんて言う外国人のコメントもありますが、そんな人はアジア人マニアぐらい。

それに最近の若い子はオシャレ。特にアメリカにいる中国人の学生さんとか、当たり前ですがアメリカで服を買っているので日本人学生と同じ服をきています。

とはいっても、髪型とか、服の着こなしとかで、特にアラフォー世代より上だとなんとなく中国人っぽいなあと分かることも多いです。でもこれは、日本人を知っていて比べることができるからわかることですよね。

外国人はそんな違いを知りません。私だってヨーロッパやアフリカ、南米各国のファッションセンスの違いなんて知らないですし。

「日本人はオシャレで他のアジア人とは雰囲気がちがうから見た目でわかる」という外国人のコメントに期待していたら、外国で中国人に間違えられて凹みますよー。

もやポイント4:そもそもアメリカでは中国人に出合う確率の方が高い!

アメリカにいるアジア人のなかでも中国人は圧倒的に多いです。日本人は少数派。

アメリカに移住している東アジア、東南アジア人(8,104,000人)のうち中国人は215万人、日本人は約34万人です。中国人は26.5%、日本人は4.1%。6倍ちょっとの中国人がいます。(州によって差があるとおもいます)。

さらに東アジア、中国、台湾、韓国、日本だけでみると中国人は54.4%で半数以上!ちなみに台湾9.2%、韓国27.3%、日本8.5%です。日本人は一番少ないですね。

私の働くアメリカ企業では研究職が100人いたら10人は中国人。中国人の管理職もそこそこいる。日本人は、0.1人(下っ端の私だけ)。私の上司も中国人です。日本人の存在感はほぼゼロ。

初対面の中国人の同僚は、ほぼ100%の人が中国語で話しかけてきます。中国語しゃべれないよというと、あっごめん。中国人じゃなかった?どこから来たの?といって英語に切り替えてくれます(笑)。

これなら外国人からしたら、アジア人をみかけてさらに東アジア人だと思ったら=中国人!となりますよね。

中国人が多数派なので、日本人は中国人に間違えられる可能性が高い。ちゃんと日本人だと分かってもらえたらすごいぐらい。

海外で中国人に間違えられた経験ありますか?人によってはものすごくショックを受けたり、怒ったり。でもよく考えると、海外で中国人に間違えられる方が当たり前で、日本人だと分かってもらえる方が珍しい。中国人に間違えられて怒る人に感じるモヤモヤをまとめてみました。

中国人に間違えられて差別された!これはショック大

これは上の4つとはちょっと違うけど、たまに見かけてかなりモヤモヤするので書きますね。

もやポイント5:間違えた相手じゃなくて中国人に怒るのって?

残念ながら海外で中国人に間違えられて差別を受けることあります。中国人に間違えられたショックX差別されたショックでダメージが強い。

わたしの場合は、差別的な言葉を言われたときは不愉快というよりも身のキケンを感じます。相手は理不尽に人を傷つけて平気だから何をされるかわからない恐怖。

中国人に間違えられて、差別的な言葉をかけられたりからかわれたりした時に、中国人に対してちゃんとしてよ!って怒る

気持ちが高ぶって誰かを責めたくなるのはわかるけど、でもここで中国人に文句を言うのはやっぱり違う。

「中国人のせいで日本人の私が差別された。日本人ってわかれば差別されないのに」

本当にそう?日本人だと差別されない?

そうかもしれません。でも、そうじゃない場合の方が多い。

いきなり差別的にからんでくる相手にとっては、中国人でも日本人でも韓国人でも関係ない。アジア人なら誰でも良いんです。アジア人の見た目ならそれだけで差別する理由になるんです。

BBCの日本語の記事でアジア人への偏見をあつかった面白い動画があります。

家のオフィスで取材中の男性の部屋に子どもが乱入、慌ててアジア人女性(男性の妻)が子どもを連れて出ていくという動画が最近話題になりました。動画は面白いんですが、気になるのはこのアジア人女性を多くの人が乳母だと思い込んだという事実。

海外ではアジア人は差別や偏見の目でみられる対象なんですよね。

中国人に間違えられて差別された時に中国人に対して怒る人って、自分も差別した人と同じだと気がついていない。自分も中国人を差別しているから、同じ場所に自分が落とされたことに我慢できずにイライラ。

ママカーストじゃないけど、国籍カーストで日本のほうが上でしょって思ってるのかなともやっとします。

中国人のステレオタイプに文句言ってるひとって、中国人のリアルな友達とか知り合いがいないのかなと。(←私の偏見です。スミマセン)

ものすごーく当たり前なことですが、中国人といってもいろいろ。日本人が人によって違うのと同じだけ、いやそれ以上に人によって違う。

海外に住んでいるだけ、海外旅行が好きなだけでは国際感覚って身につかない。自分の経験からもおもいます。

海外で中国人に間違えられるのまとめ

日本にいるときから中国人、タイ人に日本人から間違えられていた私は、いまさら外国人から間違えられても気になりませんが、中には相当気にする人もいる様子。

海外では中国人に間違えられて当たり前の状況にいるので、そんなにショックを受けることではないんですけど

中国人に間違えられたーふがーーー(怒)!という人に、そんなに怒らなくても良いんじゃないの?と思うポイント5つをまとめてみました。

  • 外見から国籍を見分けるのはそもそも難しい
  • 中国人と日本人の顔ってすごく似ている
  • 持ち物、髪型、服装で日本人を見分けるってアジアに興味のある人だけ
  • 中国人は多数派で日本人は少数派(アメリカの場合)
  • 無意識に中国を下に見てるから腹が立つ?

ちょっと偉そうに書きましたが、もちろん私も渡米した当初、いえ中国人と一緒に勉強したり仕事をするまでは、中国人に先入観がありました。中国人って日本人をどう思っているのかな?とか。

でも中国人と関わりが多くなるにつれ、中国人としてまとめて見ていたのがだんだんと個人、個人として付き合うようになりました。相手のことを一人の個人として知ると偏見ってだいぶなくなる気がします。

最近のアメリカの動向が気になっているところなので、今日はこんな感じの記事になりました。

では、今日はここまで。
Have a good day!

Sponsored Ads

アメリカ生活のおすすめ記事

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントをどうぞ!
お名前を記入してください