お金&節約のコツ

海外生活のお金&節約のコツ。何かとお金が必要になる海外生活のお金の不安を少しでも無くしたい。賢く節約して過ごすための節約術。無駄なお金はなるべく使わないけど、必要なときにはきちんと使う。メリハリのある金の使い方が理想です。

アメリカの洋服をプロのスタイリストさんに選んでもらう、オンライン・スタイリング・サービスのひとつStitch Fixの登録方法と使い方を詳しく説明します。

アメリカの服を選んでもらうサービスStitch Fixの登録方法と使い方

先日、アメリカで初めてオンライン・スタイリング・サービスを使いました。 自分のサイズや洋服の好みを登録すると、スタイリストさんが服やアクセサリーなど5アイテムを選んで送ってくれるサービスStitch Fixです。 会...
アメリカの会社で話題になっていたオンラインのスタイリングサービスStitch Fixを使ったところ、すごく便利でした。子育て中や忙しくて洋服を買いに行く時間がないひとや、アメリカでの洋服選びがうまくいかない人に試してほしいサービスです。

アメリカでStitch fix!洋服選びの悩みがオンラインスタイリングサービス(...

アメリカで洋服選びの悩みがついにすっきり解決しました。 今回使ったのは、オンラインのスタイリングサービスStitch Fix。スタイリストさんがあなたに合う洋服を選んで送ってくれるオンラインのサービスです。 もともと...
アメリカの田舎ならではのお金のあまりかからないアウトドア系の楽しみ方。特にここ中西部は夏が短く冬が長いので、夏の間はできるだけアウトドアを楽しみたい!

アメリカのど田舎生活をお金をかけずに楽しむ17のアイデア

アメリカの田舎、しかもど田舎は日本の田舎とは違います。日本の田舎で育った私ですら、アメリカの田舎の生活は想像以上に最初はとてもキツく感じました。 アメリカ生活が辛いでも書いていますが、ただっぴろいだけのアメリカの田舎。...
賢く節約しながら海外旅行を少しでも安くするコツ。せっかくの海外旅行、無駄な出費は押さえて、美味しいものやお土産代にまわしたいですよね。

世界一周を実現した旅行ブロガーから「海外旅行で節約するコツ」を教わろう!

せっかく海外に住んでいるんだから、もっと近くの国を旅行しないと損した気分。とはいえ、日本への一時帰国もしたいし、子どもがいれば時間もお金にも余裕が、、、、。 なんて考えて、ちょっと海外旅行に行くのをためらっていませんか...
海外生活で簡単にデキる節約アイデア49まとめました。海外節約、アメリカ節約、節約アイデア、お小遣い稼ぎサイト。

アメリカ・海外生活ですぐにできる「49+αの節約アイデア」!簡単節約術

海外生活、やっぱりお金がないと不安になります。すぐにできる海外生活の節約アイデアや節約術をまとめました。 海外生活って、思ったより生活費がかかるんですよね。日本の物価は高いかと思っていたら、いがいと安かったんだと思った...
アメリカAmazonのSubscribe & Save「定期おトク便」の使い方

アメリカAmazonの定期おトク便「Subscribe & Save」...

わが家はアメリカのAmazonのSubscribe & Save、いわゆる「定期おトク便」を利用して、かさばる日用品をまとめ買いしています。 息子が生まれてすぐにSubscribe & Saveを使...
Amazon Prime会員サービス、ファミリークーポンの使い方

意外と知らない?アメリカAmazon Prime 会員のファミリークーポンでベビ...

アメリカのAmazonプライム会員のサービス。すでに使っている方も多いと思いますが、アメリカの田舎で生活するならAmazon プライム会員のサービスはかかせません。 とくに、送料無料で2日後に商品が届くのは大助かります...
アメリカの都市別生活費の調べ方

アメリカの都市別の生活費が知りたい! アメリカで引越しが決まったけれど生活費どの...

  転職やレイオフ、理由はそれぞれですがアメリカ国内の引越しもよくある話。そんな時に気になるのは、引越し先の生活費。オファーを受けたお給料で今の生活ができるのか?  州ごとに生活費に天と地ほど差のあるアメリカ、引越し先の...
naverまとめは誰がまとめているの

海外で育児中でもNaverまとめならお小遣いが稼げる?!

こんにちは、あるまむです。Naverまとめサイトをつくって海外からでもお小遣いが稼げる?という話。海外、アメリカからでもできそうな在宅ワークです。自分のサイトがNaverまとめにのってました!ここ数年ネットで何かを検索す...
子育て費用。アメリカと日本。

「アメリカ子育て」日本とアメリカ ぶっちゃけ子育て費用はどっちがやすい?

 子供一人が高校卒業するまでに2411万円かかる!こんにちは、あるまむです。英語の勉強がてらNPRのニュースを読んでいたら、"That 2012 Bundle Of Joy Will Cost You $241...

ブログ新着

海外在住の主婦ができる在宅ワーク&副業アイデアと仕事の探し方、見つけ方を紹介。パソコンとスマホがあれば未経験者でもできる仕事から、専門的な仕事まで、30以上の在宅の仕事と仕事の見つけ方です。

こんなにある!海外在住の主婦がパソコン&スマホでできる在宅ワーク30+α【保存版...

海外からでも、子育て中の主婦でもパソコンがあればできる、在宅ワークの仕事を30以上と、それぞれの仕事の探し方、在宅ワークの求人がみつかる日本と海外のサイトを紹介します。 「海外在住で仕事が見つからない」 英語もあまり...
0歳時から保育園に赤ちゃんを預けて働くことはかわいそうでしょうか?子どもを預けてまで働くことに罪悪感を覚える母親は多いと思います。私もそのひとり。7ヶ月から息子を預けて働いくことの罪悪感TOP3と気持ちの切り替え方を紹介します。

0歳から保育園。子育て丸投げ?子どもより仕事?子供を預けて働くことの3つの罪悪感...

0歳から保育園に行かせるなんて、赤ちゃんがかわいそう。 そんなことを誰かに言われるまでもなく、幼い時から子どもを保育園に預けている人なら多少は罪悪感を感じたことがあるのではないでしょうか? いくら、3歳児神話はウソ。...
国際結婚や結婚がきっかけの海外移住。海外での再就職なんてとても考えられない。海外で働くなんて無理。だけどこのままでいいのか不安。でも、最初の一歩を踏み出せたら、意外と何とかなるものです。海外で不安ながらも自信をとりもどして最初の一歩を踏み出したい人へ。

海外で働くなんて無理!最初の一歩を踏み出せないあなたへ。3年後を変えたいなら、今...

「海外で働くなんて私には絶対無理できるわけない」 アメリカに移住した当初は、海外で英語で仕事をしている自分の姿なんて、これっぽちも想像できませんでした。 国際結婚や結婚がきっかけの海外移住。 自分の意志で海外に来た...

今週の人気記事

海外在住の主婦ができる在宅ワーク&副業アイデアと仕事の探し方、見つけ方を紹介。パソコンとスマホがあれば未経験者でもできる仕事から、専門的な仕事まで、30以上の在宅の仕事と仕事の見つけ方です。

こんなにある!海外在住の主婦がパソコン&スマホでできる在宅ワーク30+α【保存版...

海外からでも、子育て中の主婦でもパソコンがあればできる、在宅ワークの仕事を30以上と、それぞれの仕事の探し方、在宅ワークの求人がみつかる日本と海外のサイトを紹介します。 「海外在住で仕事が見つからない」 英語もあまり...
アメリカのコミュニティカレッジについて

アメリカで人生の途方にくれた。コミュニティカレッジで人生を変えた。

アメリカの大学制度のひとつコミュニティカレッジ、通称「コミカレ」。社会人で渡米した人にとって、コミカレほど現実的に生活&人生の助けになるシステムはないのではと思います。結婚や夫の仕事でアメリカに移住したものの、「...
アメリカAmazonのSubscribe & Save「定期おトク便」の使い方

アメリカAmazonの定期おトク便「Subscribe & Save」...

わが家はアメリカのAmazonのSubscribe & Save、いわゆる「定期おトク便」を利用して、かさばる日用品をまとめ買いしています。 息子が生まれてすぐにSubscribe & Saveを使...
アメリカ生活が辛い。特にアメリカの田舎に移住した人はそう思うこともあるのではないでしょうか?私も最初は途方にくれました。そんなときに始めた2つのこと。ブログを書くことはその一つです。

「アメリカ生活が辛い。こんなはずじゃなかったのに」と思った時に始めた2つのこと。...

「アメリカ生活が辛い!こんなはずじゃなかったのにな。あんなに楽しみにしていたのに」 「なんでアメリカに住んでいるんだろう」 もう日本に帰りたい… アメリカや海外に引っ越しして生活を始めてから、「こんなはずじゃなかっ...
共働きの家事育児100タスク表を使ってみた

AERAの「共働き家事育児100タスク表」と「一週間の時間の使い方」からみたわが...

前回の記事で、各国の家事分担率と人生満足度を比べてみて、男性の家事分担の最低ラインは30%ぐらいと書きました。この記事を書いているときに、ブロガーの斗比主閲子さん( @topisyu)のツイートが流れてきました。 ...
理系の海外就職で役に立ったこと

【アメリカで働くには】日本の理系大学院卒、コネなしPh.D.なし、ブランク10年...

理系の海外就職について書きますが、ぜんぜんカッコいい話ではありません。 アメリカ企業の理系研究職につきました!と聞くと、どういう経歴を想像しますか? 日本の大学か大学院をでて、アメリカの大学院で博士をとったとか。...