0歳時から保育園に赤ちゃんを預けて働くことはかわいそうでしょうか?子どもを預けてまで働くことに罪悪感を覚える母親は多いと思います。私もそのひとり。7ヶ月から息子を預けて働いくことの罪悪感TOP3と気持ちの切り替え方を紹介します。

0歳から保育園。子育て丸投げ?子どもより仕事?子供を預けて働くことの3つの罪悪感...

0歳から保育園に行かせるなんて、赤ちゃんがかわいそう。 そんなことを誰かに言われるまでもなく、幼い時から子どもを保育園に預けている人なら多少は罪悪感を感じたことがあるのではないでしょうか? いくら、3歳児神話はウソ。...
簡単なダンボールハウスの作り方

意外に簡単!ダンボールハウスを作って子どもと一緒に遊ぼう!

  息子のためにつくったダンボールハウスが完成しました。 冷蔵庫が故障したときにバックアップとして買ったディープフリーザーの箱が、ダンボールハウスにちょうどよい大きさ(縦85センチ、横78センチ、奥行き...
アメリカでの保育園事情

アメリカで保育園を探す方法から保育園の費用まで「アメリカの保育園事情」

息子が生まれてから仕事を始めようと思ったときに、最初の不安がアメリカの保育園のこと。「息子の保育園(デイケア)をアメリカでいつからどうやって探すの~?」日本のように、「保育園はいれたー」とか「保育園に落ちたー」という話は...
幼児の家庭学習にアメリカでくもん式のワークブックを買いました。3歳の息子が楽しんでやっているワークブックと母親の私が息子にちょうどいいかな?と思うおすすめのワークブック2冊を紹介します。

アメリカでくもん式ドリル。三才児の家庭学習におすすめのワークブック2冊

アメリカの幼児用くもん式のドリルを3歳の息子の家庭学習用に買ってみました。 実は3歳児にワークブックって必要かな?うちの息子がやるのかな?と思っていました。でも、こどもちゃれんじポケットのワークブックも、こないだ届いた...
子ども連れワシントンDC旅行3泊4日のハイライトです。幼児をつれてのアメリカ国内旅行です。泊まったホテル、レストラン、遊びに行った場所を簡単に紹介しますね。ワシントンDCはオシャレだし、子供向けのアトラクションもたくさんあるので、もう一度行きたいです。

子ども連れワシントンDC旅行。3泊4日ハイライト!

3歳の息子を連れてワシントンDCに行ってきました。木曜日に夫の出張に合流して日曜に戻ってくるというスケジュールです。木、金は有給を使いました。正社員になると有給があるのがうれしいですね。 中西部からワシントンDCまでは...
アメリカで出産。パスポート申請手続き

アメリカで出産!赤ちゃんのパスポートを申請する!一時帰国の準備はここからだ。

  アメリカで出産したら、赤ちゃんを連れて早く日本に一時帰国したいですよね。それには、何よりもまずはパスポートの申請から。 短期間の一時帰国であれば、アメリカのパスポートだけでも大丈夫です。また日本滞在...
こどもチャレンジぷちとぽけっとの海外受講レビュー

こどもチャレンジ「ぷち」と「ぽけっと」の海外受講はお値段に見合う?ぷちを続けてよ...

海外でも受講できるベネッセのこどもちゃれんじ「ぷち」と「ぽけっと」。こどもに色々な日本語に触れてほしくてわが家では息子が1歳の4月から受講はじめました。 最近、来年このままこどもちゃれんじを続けてつぎの「ほっぷ」に...
赤ちゃん幼児の頭ジラミ対策

赤ちゃん、乳幼児のあたまジラミ対策ーアメリカ流はあの有名クリームが大活躍

アメリカの保育園に通う息子が、なんとあたまシラミをもらってきました! ちょうど1歳になる手前、保育園に通い始めて5か月くらい、しかも日本帰国の10日前ぐらい!です。 保育園からの電話で、Head Lice(頭ジラ...
アメリカのAmazonで日本のプラレールを買いました。3歳の息子はハマっています。今までに買ったおもちゃの中で一番よく遊んでいるのがプラレール。プラレールの片づけをどうしようかなと思っていたら、以前に買ったけどイマイチ使い勝手が悪かったおもちゃの棚が大活躍しています。

アメリカのAmazonで買ったTomicaのプラレールにハマる息子。お片付けには...

アメリカでもプラレールで遊ばせたい! 男の子の定番おもちゃのひとつプラレール。日本の鉄道おもちゃだから、日本の家族から送ってもらうしかないかな?と思っていたら、ふつうにアメリカのアマゾンで買えました。息子と(夫)大喜び...
アメリカ子育て。赤ちゃんの安全対策グッズ

「アメリカ子育て」家の中の赤ちゃん安全対策グッズ !よかったもの、不要だったもの...

赤ちゃんが家の中でハイハイを始めたり、つかまり立ちを始めたら、家の中の安全対策が必要になりました。今日はアメリカのおうちで使っている安全対策グッズのお話です。 息子がハイハイをし始めたころから、ちょっと目を離したす...
アメリカでは小児科医を面接して決めます

妊娠中にアメリカで小児科を探したときに気を付けたこと

こんにちは、アメリカで高齢出産体験をブログに書いているあるまむです。アメリカでは、出産前に赤ちゃんのかかりつけ医を決めるようにと言われます。今回は私が息子のかかりつけの小児科医を探したときのポイントや面接のポイントをまと...
アメリカで買った足けり、手押しおもちゃレビュー

アメリカで買ったストライダーと手押し&足けり用乗り物おもちゃレビュー

息子が気に入った、アメリカで買った乗り物おもちゃとストライダーを紹介します。最初の足蹴りおもちゃは1歳半ごろから、ストライダーは2歳7ヶ月から遊んでいます。 ようやく冬が終わって暖かくなったので、保育園から帰った息子は...
子ども連れ、アメリカ旅行、オレゴン、ポートランド、ポートランドのホテル、マントフード、Oregon, Portland, Mt Hood

子ども連れオレゴン旅行(ポートランド・マウントフードエリア)3泊4日ハイライト

子連れポートランド旅行、マウントフット編です。オレゴン、ワシントンにまた行きたいなあと、息子が2歳のときにいったポートランド旅行を振り返ってみました。 子どもも大人も楽しめるスポットを中心に紹介しますね。 3泊4...

アメリカでおかたづけ育、はじめました。リビングの子どもスペースをすっきりしたい!...

リビングの子どもスペースが息子のおもちゃでごちゃこちゃになってきました。 「片付けなさい!」というものの、私ですらどこに何を片付けたらいいのか分からない状態。 これでは、息子も何をどこにおいていいのか分からず、片...
子供靴、アメリカ、洗える靴、水遊び用の靴

クロックスよりも靴っぽい!洗濯機で洗えるアメリカ発の水遊び用のシューズmade ...

洗濯機で丸洗いできるStride rightの子供靴(made2play)のレビューです。 ことのほったんは、息子の靴が臭う!クサイ!洗っても匂いが取れなかったこと。 まめに洗ってないからと言われたらそれまでなんです...
マットデイモンの母親から学ぶ幼児教育その1

アメリカの幼児教育大丈夫?ーマットデイモンを育てた母親がアメリカの幼児教育心配 ...

  こんにちは、あるまむです。アメリカでカウンセラーの博士号を勉強している友人が、アメリカの現在の幼児教育方針についてWashington Postの記事をシェアしていました。幼児教育は、母親として気になる分野なので少し...
アメリカの保育園入園準備

アメリカの保育園に入園だ!何をもっていったらいいの?保育園の入園準備アメリカ編

アメリカの保育園に入園が決まった!でも保育園の入園準備に何が必要?日本のように名前を細かく書かないとダメ?服装は?離乳食はどうするの?といろいろ、様子が分からないアメリカの保育園の入園準備、迷うこともあるかと思います。で...
モンテッソーリでイヤイヤ期を乗り越えよう

モンテッソーリに学ぶイヤイヤ期の子供と向き合う7つのコツ

こんにちは、あるまむです。この記事は2013年7月13日の記事を編集しました。 おうちでモンテッソーリを実践してイヤイヤ期を乗り越える 昨日に引き続き、モンテの話しです。 モンテッソーリその人が書いた本では、お...
海外受講できる幼児教材のひとつZ会の幼児コースを取り寄せてたのでレビューしました。気になった息子の反応もよかったので、今年はちゃれんじをやめてZ会に決めました。

海外受講できるZ会の幼児コースのお試し教材レビュー。気になる3歳の息子の反応は?...

海外受講できる幼児教材といえば、こどもちゃれんじ。我が家も息子はぷちとぽけっとでしまじろうにはお世話になりました。 2年やってすこし不満もでてきたので、3歳の年少さん教材をどうしようかなと。前から気になっていたZ会の年...
アメリカで3歳半でもおむつが取れない男の子のトイレトレーニング。保育園のクラスでも最後の一人になってしまいました。さすがに遅いかなとおもい、本格的にトイレトレーニングを開始。息子が少しでもやる気になったトイレトのアイテムを紹介します。(まだ効果はありません)

アメリカでトイレトレ。3歳半でおむつが取れない息子がやる気を見せたトイレトレーニ...

アメリカではPotty trainingとよばれるいわゆるトイレトレーニング。我が家ではこの週末は3歳半でもおむつがとれていない息子のトイレトレーングにつきっきりです。 今までは、そのうちとれるかなとあまり真剣にトイレ...
つい子どもに言ってしまうXXしないとXXXになるよという脅し。こんな育児がしたかったわけじゃないのに。最近、なんとなく育児がうまくいかない。妊娠中によんだママ、独りでするのを手伝ってね!という本を読み返して、何がダメで何をしたらいいのか、育児のヒントをもらいました。

こんな育児は嫌だ!脅しの育児になってる?「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」を...

ツイッターのタイムラインに「脅しの育児はしたくない」というブログ記事が流れてきました。このタイトルを見た瞬間に、なんか嫌な感じがしました。自分のなかのあまり触れたくないところを見つけられたような。ざわざわっとした気持ち。...
息子の手形足型アート成長記録

赤ちゃんの手形&足形アート!息子のアメリカの保育園でも大人気!

アメリカのデイケアで月に1枚づつ足型&手形アートをつくってくれます。ずぼらな私にとっては、とってもありがたいアクティビティのひとつ。ここ一年の息子の足型&手形アートを記念にアップします。子供の手形足形アート 第2弾はこち...
子供の成長記録を可愛く残そう。手形足形アート

子供の手形&足形アート第2弾!+バレンタインの幼児アート。アメリカの保育園はこん...

以前に息子の通っているアメリカの保育園での手形&足形アートの記事が好評なので、調子にのって第2弾を発表します。赤ちゃんの手形&足形アート!息子のアメリカの保育園でも大人気!今回は、1月から3月のものなので、バレンタインデ...
小さい子供の手伝い、モンテッソーリ、幼児教育、家事ができる男

男の子のお手伝いは「家事ができる男」に育つかどうかの分かれ目。邪魔だなんてもう言...

小さい子供のお手伝い、ごめん!正直に言うとちょっと邪魔なんだけど。 やってもらいたい気持ちもあるけれど、忙しいときはとくに自分でやっちゃって 「もう少し大きくなったら手伝ってね」なんて言葉でごまかしての繰り返し。 ...

ブログ新着

海外在住の主婦ができる在宅ワーク&副業アイデアと仕事の探し方、見つけ方を紹介。パソコンとスマホがあれば未経験者でもできる仕事から、専門的な仕事まで、30以上の在宅の仕事と仕事の見つけ方です。

こんなにある!海外在住の主婦がパソコン&スマホでできる在宅ワーク30+α【保存版...

海外からでも、子育て中の主婦でもパソコンがあればできる、在宅ワークの仕事を30以上と、それぞれの仕事の探し方、在宅ワークの求人がみつかる日本と海外のサイトを紹介します。 「海外在住で仕事が見つからない」 英語もあまり...
0歳時から保育園に赤ちゃんを預けて働くことはかわいそうでしょうか?子どもを預けてまで働くことに罪悪感を覚える母親は多いと思います。私もそのひとり。7ヶ月から息子を預けて働いくことの罪悪感TOP3と気持ちの切り替え方を紹介します。

0歳から保育園。子育て丸投げ?子どもより仕事?子供を預けて働くことの3つの罪悪感...

0歳から保育園に行かせるなんて、赤ちゃんがかわいそう。 そんなことを誰かに言われるまでもなく、幼い時から子どもを保育園に預けている人なら多少は罪悪感を感じたことがあるのではないでしょうか? いくら、3歳児神話はウソ。...
国際結婚や結婚がきっかけの海外移住。海外での再就職なんてとても考えられない。海外で働くなんて無理。だけどこのままでいいのか不安。でも、最初の一歩を踏み出せたら、意外と何とかなるものです。海外で不安ながらも自信をとりもどして最初の一歩を踏み出したい人へ。

海外で働くなんて無理!最初の一歩を踏み出せないあなたへ。3年後を変えたいなら、今...

「海外で働くなんて私には絶対無理できるわけない」 アメリカに移住した当初は、海外で英語で仕事をしている自分の姿なんて、これっぽちも想像できませんでした。 国際結婚や結婚がきっかけの海外移住。 自分の意志で海外に来た...

今週の人気記事

海外在住の主婦ができる在宅ワーク&副業アイデアと仕事の探し方、見つけ方を紹介。パソコンとスマホがあれば未経験者でもできる仕事から、専門的な仕事まで、30以上の在宅の仕事と仕事の見つけ方です。

こんなにある!海外在住の主婦がパソコン&スマホでできる在宅ワーク30+α【保存版...

海外からでも、子育て中の主婦でもパソコンがあればできる、在宅ワークの仕事を30以上と、それぞれの仕事の探し方、在宅ワークの求人がみつかる日本と海外のサイトを紹介します。 「海外在住で仕事が見つからない」 英語もあまり...
アメリカのコミュニティカレッジについて

アメリカで人生の途方にくれた。コミュニティカレッジで人生を変えた。

アメリカの大学制度のひとつコミュニティカレッジ、通称「コミカレ」。社会人で渡米した人にとって、コミカレほど現実的に生活&人生の助けになるシステムはないのではと思います。結婚や夫の仕事でアメリカに移住したものの、「...
アメリカAmazonのSubscribe & Save「定期おトク便」の使い方

アメリカAmazonの定期おトク便「Subscribe & Save」...

わが家はアメリカのAmazonのSubscribe & Save、いわゆる「定期おトク便」を利用して、かさばる日用品をまとめ買いしています。 息子が生まれてすぐにSubscribe & Saveを使...
アメリカ生活が辛い。特にアメリカの田舎に移住した人はそう思うこともあるのではないでしょうか?私も最初は途方にくれました。そんなときに始めた2つのこと。ブログを書くことはその一つです。

「アメリカ生活が辛い。こんなはずじゃなかったのに」と思った時に始めた2つのこと。...

「アメリカ生活が辛い!こんなはずじゃなかったのにな。あんなに楽しみにしていたのに」 「なんでアメリカに住んでいるんだろう」 もう日本に帰りたい… アメリカや海外に引っ越しして生活を始めてから、「こんなはずじゃなかっ...
共働きの家事育児100タスク表を使ってみた

AERAの「共働き家事育児100タスク表」と「一週間の時間の使い方」からみたわが...

前回の記事で、各国の家事分担率と人生満足度を比べてみて、男性の家事分担の最低ラインは30%ぐらいと書きました。この記事を書いているときに、ブロガーの斗比主閲子さん( @topisyu)のツイートが流れてきました。 ...
普通の女性が痴漢被害にあう頻度はどのくらいか想像つきますか?もちろん人によるので、この記事ではあくまでも私が今までに出会った痴漢被害についての体験談として書いています。私の体験はけっして特別でもとりわけ数が多いわけでもありません。痴漢がなくならない限り冤罪もなくなりません。痴漢は女性だけでなく社会の敵ですね。

女の子のお父さんに知ってほしい「ふつうの女性が痴漢にあう頻度」は思っているよりも...

今までに出会った痴漢の体験を書きます。 痴漢にあったことありますか?痴漢をされている現場を見たことありますか?痴漢をしたことありますか? もし今までに一度もそんな場面をみたことがないあなたは、運がよかっただけです。今...