不安なアメリカでの妊娠生活を和らげる「産科医から届くママへの素敵な手紙(そのママ)」

136

こんにちは、アメリカで妊娠生活をしているあるまむ(@ArugaMamaUS)です。

ある方のブログを読み、妊婦さんのため、またパパのための素敵なメールマガジンがあることを知りました。

何かと孤独になりがちなアメリカでの妊娠生活。この無料メルマガで気持ちがだいぶ楽になりました。

この記事は、アメリカで妊娠してから出産するまでをまとめた「アメリカ出産体験記」の一部です。

Sponsored Ad

産科医から届くママへの気持ちのこもった暖かいメッセージ

産科医の竹内正人先生から、その日の赤ちゃんの成長の様子と、ママに伝えたいことを短くつたえてくれるそのママという無料のメルマガです。

まずはメールを登録し、その後に予定日を登録すると、自分に合ったメッセージが届きます。

例えば今日受け取ったメールには、

今の私の中にいる赤ちゃんは、すでに指を吸う動作をはじめているとのこと。この動作は、生まれてからおっぱいを吸うための練習なんだとか。赤ちゃんも必死に生き抜く練習をしているんだよ。

このメルマガを読むたびに、一段とおなかのベビーがいとおしく感じるようになります。エコーでその姿を見ることができなくても、ベビーの様子が目に見えるようです。

ママに向けてのメッセージでは、仕事を続けているお母さんをいたわるメッセージでした。

無理をしないでくださいねの一言に、自分の体を労わろうと思います。いや、怠ける言い訳ではありませんが。

このそのママから送られてくるメルマガを読むたびに、心も体も落ち着いてきます。

私のように周りに友達も知り合いもあまりいない土地で生活している場合は、特に心温まる言葉の数々。

このブログタイトルも、こちらのメルマガの名前を参考にしたものです。(このブログはArugamamaというタイトルからArugaMoMになり、ハバグッデイ!と変わりました)

自分に対してももちろんですが、夫やこれから会う子供のそのまま、あるがままの姿を受け入れようという思いを込めました。

明日も明後日も無事に出産するまで、このメールを読むことを毎日楽しみにしています。

今日はここまで。では!Have a good day!

Sponsored Ads

アメリカ出産体験記の関連記事

 

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントをどうぞ!
お名前を記入してください