妊娠中だからこそ気持ちよく寝たい!抱き枕なし、毛布2枚で気持ちよく寝る方法を考えた「アメリカ高齢出産体験記」

126

こんにちは、アメリカで高齢出産の体験をブログに書いているあるまむです。

妊娠中は、お腹は重いし、眠りは浅いし、トイレにはしょっちゅう行きたくなるし、なかなか気持ちよく寝れない日が続いています。

今日は、少しでも気持ちよく寝ようと編み出した方法を紹介します。

胎動が激しくて、しゃっくりしたり、手足をむにーと押し出したり、頭?でぐりぐりしたりと忙しそうです。元気に動いてくれていると安心ですが、仕事中はちょっとびっくりしてしまいます。

この記事はアメリカで妊娠してから出産するまでをまとめた「アメリカ出産体験記」の一部です。

Sponsored Ad

妊娠中だからこそ気持ちよく寝たい!

 妊娠中期のころから、仰向けに寝ていたら朝に腰が痛くなってきてました。高齢妊娠はつらい!

仰向けで寝るよりも、左側を下にして寝る方が赤ちゃんが動きやすいとのこと、また浮腫みには足を高くして寝た方がよいとのことなので、寝る時の姿勢を色々試していました。

毛布を2枚使って抱き枕と背当てにして寝てみる

抱き枕は買ってないので、使わない布団を適当に丸めて抱き枕のようにして、枕を足元に置いて足を高くしています。

私の場合、左側を完全に下にして布団に抱き付くと、赤ちゃんの手足が下の方でコチョコチョというかバタバタしているようで、どうも落ち着かなかったです。

2枚目の毛布をまるめて背中にあてて半分もたれかかる

かといって仰向けも腰にくるので、もう一枚の毛布を丸めて背中側に置いて、毛布にもたれかかった時にななめ45度から30度ぐらい左側に傾くようにして寝ています。

腰のあたりを少し高くなるように背中の毛布を調整する時もあります。この体勢だと、赤ちゃんも落ちついているようだし、私自身も比較的楽に寝れています。

自分の好きな高さや形に調整できるので、抱き枕よりも毛布や布団の方が私には合っているようです。

ベビーはどんなかっこうでねているのかな

最近はもっぱら左側を下にして寝ていますが、以前は右側を下にもしてました。

左側を下にした時と右側を下にした時では、朝起きたときの赤ちゃんの頭の一が左右逆になっていました。

エコーじゃないので正確ではないですが、丸く硬くなっている部分が逆になっている感じです。私の体勢に合わせて、おなかの中でも居心地のよい姿勢を探しているのかなーと。可愛いです。

そろそろ、頭を下にしてもらいたいので、ちゃんと予定日までお腹にいてねー、頭は下にするんだよー、出てくるときは慌てずに顔を私の背中側に向けて回転しながら出てくるんだよーと話しかけてます。

アメリカでの高齢出産まであと2か月ありますが、どんなお産になるのか考えると今から落ち着かなくなります。

とりあえず、入院用のバックを準備して、備えあれば患いなし!でどーんと構えたいものです。

Sponsored Ads

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントをどうぞ!
お名前を記入してください