ユニクロとカーターズのベビー服のサイズ。アメリカ製のベビー服はやっぱり大きめ?

510

9月末にアメリカで出産予定なので、まだ早かなと思いつつ、出産準備だ!とついついベビー服を買ってしまいました。

7月ごろ買い始めたらいいかなと思っていたんですけどね、我慢できずにカーターズとユニクロでポチり。

(Disclosure:記事内のリンクの一部はアフィリエイトリンクです。詳しくはサイトポリシーをお読みください。)

Sponsored Ad

ベビー服、何をどれだけ買えばいいの?あれもこれもあるけれど、一体全部必要なの?

わたしも初めての出産なので、ベビー服は何を買っていいものかかなり悩みました。

結局、新生児のうちはあまり汚れないし、お出かけもしないうえ、もらうことも多いので買いすぎないこと。

すぐにサイズアウトするので3か月先のサイズを購入することというアドバイスに従って、散々悩んでやっと決めました。

男の子なのでそれほどこだわりもせず、安直にユニクロカーターズでネットショッピングです。

ユニクロは、アメリカでもネット販売を始めたようなので、助かります。思わず自分の服も買いたくなってしまいましたが、最後の最後で思いとどまりました。

ユニクロで買った服

  • メッシュの半そでの下着、サイズ60、6着(2枚入り3セット)
  • 長袖のつなぎ(カバーオール)サイズ60 1着

USのユニクロのベビー服は種類が少ないのが残念ですが、メッシュのボディスーツ(ワンジー)は愛用しそうです。

一日2回着替えるとして、洗濯は2,3日に1回としたら、6着あれば大丈夫?あと日本のサイズの方が分かりやすかったので、可愛くないなーと思いつつもカバーオールを1着買ってみました。

カーターズで買った服

  • ワンピースタイプの半そで短パン(Romper)2着セット
  • ワンピースタイプの半そで長ズボン(Jumpsuit)2着セット
  • 柄ものの半そでボディスーツ(ワンジー) 5着セット

アメリカのベビー服は、体にフィットするので日本のサイズよりも小さめとのこと。

また、日本人と欧米人では、赤ちゃんの時から体系が違うらしいので、迷ったすえに全て6M(6か月用)のサイズを買いました。

半そで短パンのRomperは、ベースボールのユニホームのようなデザインが可愛かったので、お出かけ用です。柄物のワンジーは、家の中ならこれ一枚でもOKだし、下着としても使う予定です。

私のイメージでは、生後1~2か月は、ユニクロのメッシュの下着、その上からスワドルが基本で、夜はメッシュの下着の上にカバーオール。

3か月ごろから昼間はワンピースで過ごすかなと思っています。

 

Sponsored Ad

ユニクロのメッシュの下着サイズ60とカーターズの6Mのワンジーを比べてみると

首回りは6Mの方が若干大きく、また着丈も6Mの方が2,3センチ長いようです。

肩幅、横幅、袖の長さはほとんど同じでした。着丈が長いので、さすがに新生児にはぶかぶかかもしれません。

あとアメリカのベビー服の首まわりは前みごろと後ろみごろが重なっていて、肩幅まで首回りが開くので、頭からでも着せられそうです。

写真では、カーターズの6Mの上にユニクロの60を乗せています。

ワンピースタイプのものは、ユニクロの60とカーターズの6Mでは、着丈と幅は同じで、足の丈が6Mの方が3センチぐらい長かったです。
 
丈の長い分は折って着せれば大丈夫かなと思いました。

日本とアメリカの赤ちゃん用の下着を比較すると、

日本のデザインはかなりゆったりしているのに比べ、アメリカのは体にピッタリフィットするので、日本人から見たら小さすぎるように感じるのかなと思いました。

実際に着せてみないとなんとも言えないですが、アメリカでベビー服を買う場合は、ワンジーなら3か月、ワンピースなら6か月大きいサイズでよさそうだなと思いました。

アメリカで出産準備!ベビー服の後日談&まとめ

ユニクロのメッシュの下着は6Mでよかったです。カーターズの方は、生まれた直後にはさすがにぶかぶかでした。

新生児の時はおくみに入れていることが多かったですが、一番使いやすかったのは、半そで+長ズボンタイプのワンピースでした。

なんだかんだで洗濯する回数が増えたので、下着は6着もあれば十分でした。ユニクロのメッシュの下着は、その後も春から秋用の下着としてサイズアップしながら6枚ずつ買っています。

新生児用の服は、主人の職場の人にもらったので、ほとんど買わなかったです。

赤ちゃんの成長はびっくりするほど早いもので、あっという間に着れなくなってしまいました。

せっかくもらったのに、1回2回しか着なかった服も。わかってはいても、そういうものなんでしょうね。ベビー服買うの楽しいですし。

日本の赤ちゃん用の前をひもで止める下着や服は、カーシートに乗せるときははだけてしまうし、ごわごわするしで使いにくかったです。

新生児のときは、ユニクロの前開きの下着が重宝しました。

アメリカの出産準備のおトク情報

ベビーレジストリ

アメリカの出産準備で欠かせないのはベビーレジストリ(親戚や友達とシェアできるほしいものリスト)の作成です。

Amazonのベビーレジストリは品揃えも多く使いやすいし安心です(登録は無料)。

しかも最後にリストにある商品を自分で買う時は、全品10%引き、プライム会員は15%引き(completion discount)になります。

ストローラーやベビーベッドなどの大モノはレジストリにのせておき、Completion Discountを使って購入するとかなりお得に購入できますよ。

Completion discountは、出産予定日から60日以内、出産後180日以内に1回だけ使えるディスカウントです。

妊娠中の方はレジストリを作って出産準備をしてくださいね。レジストリ作成は無料です。

クーポンや試供品をもらう方法

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントを書いてくださいね。
名前を記入してください