アメリカでの出産入院中に必要だったもの不要だったものリスト

1485

こんにちは、アメリカでの高齢出産体験をブログに書いているあるまむです。

妊娠中に準備した入院バッグと、実際にアメリカで出産入院で必要だったもの、不要だったものをまとめました。

この記事はアメリカで妊娠してから出産するまでをまとめた「あるまむアメリカ高齢出産体験記」の一部です。

Sponsored Ad

アメリカで出産準備!入院時に必要なものは?

 33週になったので入院用バッグを準備をしました。

病院からもらったリスト

  • フォーカルポイント(陣痛中の痛みを逃がすため、集中して見ることのできる写真や絵など)
  • シャンプーやリンス、石鹸など(気に入っているのがあれば)
  • ノートとペン
  • 紙袋
  • スリッパ
  • リップクリーム
  • マッサージオイル
  • ベビーブック?
  • ソックス 2ペア

とありましたが、本当にこれだけでいいの???と不安になったので追加で入れたものです。

追加で用意した物

  • 退院時のベビー服 下着1着、長袖のカバーオール1着、おくるみ
  • 授乳用パジャマ 上下(病院のパジャマのサイズが合わなかった場合のため)
  • 生理用下着 2着
  • 授乳ブラ 1着
  • テニスボール3個(マッサージ用)
  • Tシャツ 2着
  • 乳首ケア用クリーム
  • ソーシャルセキュリティNoを書いた紙と病院の地図

付き添い者用のリストには、下着や服なども書かれてあったので、パジャマや下着は病院から支給されるような気がしますが、念のため入れておきました。

それと、外出中に破水した場合に備えて、車にバスタオルを2枚置いておきました。
これで、一安心です。

アメリカで高齢出産!出産入院で使ったもの、使わなかったもの(追記)

実際に必要だったものや使わなかったものをまとめました。

必要だったもの・あってよかったもの

  • 入院時のパジャマと退院時の服(病院のパジャマは、あの後ろがどーんと開いているものなので、産後の出血が収まったら自前のパジャマなり部屋着に着替えました)
  • 赤ちゃんの退院時の服(これは必要。カーシートに乗せるので、日本のぶかぶかの赤ちゃん服よりは、アメリカの赤ちゃん服の方が乗せやすかったです)
  • 靴下、スリッパ
  • スポーツドリンク(のどが渇くのと、出産までは食べられなかったのでエネルギー補充に)
  • ソーシャルセキュリティ―ナンバーは入院手続きで必要だったような気がします
  • 大きめのカバン(おむつや粉ミルクの試供品などがもらえたので、大き目のカバンがあると便利です)
  • 歯ブラシ

不要だったもの・無くても何とかなったもの

  • 替えの下着(生理用パッドはもらえました。入院中は病院の使い捨ての下着をつけていました。私は、その下着をつけて退院した気がします)
  • 授乳ブラ(入院中は付けてないです。退院時につけるのであれば必要です)
  • タオル(部屋にある備品はなくなったらナースに言えば持ってきてもらえたので、自前のタオル類は必要なかったです。)

はっきり言って、病院からもらったリストはあてにならなかったです。ソックスとスリッパぐらい。

入院中はできるだけ病院から支給されたものを使っていました。いざとなれば、夫にとって来てもらうか、買ってきてもらえば大丈夫ですよー。

とはいうものの、病院ごとに違うので心配になりますよね。私の経験が参考になればうれしいです。

アメリカ出産体験記の次の記事はこちら>> 妊娠中にアメリカで小児科を探したときに気を付けたこと

Sponsored Ads

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントをどうぞ!
お名前を記入してください