アメリカで高齢出産前の大・大・大ストレス!!気分転換は大切だよね

135

アメリカで高齢出産体験をブログに書いているあるまむです。

今回は、アメリカでの出産を前にして、ものすごーくストレスが溜まっている話です。

高齢出産、しかも初妊娠がアメリカというだけでも不安になりやすいのに、さらに家の修理、しかも水漏れ!これで、私のストレスメーター振り切れました!!

この記事はアメリカで妊娠してから出産するまでをまとめた「あるまむアメリカ高齢出産体験記」の一部です。

Sponsored Ad

アメリカでベビーが生まれるのを目前に、家のカビ除去&水漏れの修理中!

なんとなんと水漏れしていた場所の壁の中に黒カビがびっしりと生えていたので、プロに頼んでカビの除去作業をしてもらっています。

出産前に終わるのか?と気をもんでかなりストレスでしたが、どうにかクリーニング作業だけは終りそうです。

この後、壁の修理がありますが、これは出産前に終わるかどうか。

新生児のいる中家の工事!騒音もホコリも気になるし、考えただけで憂鬱でしたが、今は半分あきらめています。

工事の音が気になる場合は、ベースメントに避難しようと思います。

このおかげで、2日ほど家に入れずダウンタウンのホテルに避難しています。こんな時なのでポイントを使って、ちょっと豪華なホテルに滞在しています。

アメリカで妊娠中。この際だから気分転換しよう!

ついでにせっかくダウンタウンにいるので、久し振りに夫と二人きりの外食をしてきました。

ひょっとしたら、妊娠してから初めてぐらいです。友人交えての外食は数回行ったものの、二人きりとなると本当に久しぶりでした。

結婚記念日や他のお祝いの時に行こうとしたのですが、予約が取れずに行けなかったフレンチレストラン。やっと行けました。

アメリカの地方都市ではめずらしく、あまりアメリカナイズされていないフレンチです。

フォアグラとパンをつまみつつ、メインには鴨胸のソテーをいただき、デザートはフォンショコラ。さすがアメリカ、盛り付けは気前がよくお腹いっぱい。

食後のお腹の重いこと、重いこと。ぶーふー言いながら歩いてました。これでワインが飲めたらいうことないんですけどね。

夫も大満足していたし、ベビーが生まれたら、しばらくは大人のレストランには行けないだろうし、出産前のこの時期に行けてよかったです。

これで思い残すことなく出産に臨めそうです。
 
家の修理は、夫も私もかなりのストレスになっていますが、こうして気分転換もできたし、心配ごとも一つ減るので、少し前向きに頑張れそうです。

後日談

リビングの水漏れの修理は終わったものの、部屋の修復はあとまわし。リビングの壁はドライオールは入ってないし、床もコンクリむき出し。

最終的に部屋が使えるようになったのは、息子が2歳!になってからでした。それまでは、安全柵をして立ち入り禁止に。やれやれ。

アメリカ出産体験記の次の記事はこちら>> 「アメリカ高齢出産体験記」陣痛アプリと12回目の妊婦健診(39W0D)

Sponsored Ads

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントをどうぞ!
お名前を記入してください