アメリカ出産準備リスト!赤ちゃんのお世話の仕方からベビー用品のレビューまで

3996

アメリカで、2013年秋に息子をアメリカで出産しました。アメリカで妊娠中の出産準備、出産後につかったベビーグッズのレビューをまとめました。

アメリカで出産までに準備したベビーグッズとそのレビュー。さらにアメリカ流の赤ちゃんのお世話の仕方などをまとめました。私が出産準備に使っていたベビーグッズの準備リストと予算管理のエクセルファイルがダウンロードできますよ。

今回は、妊娠期間中から情報収集を始めて出産準備としてアメリカで買ったベビー用品、出産後に買ったベビー用品のレビュー記事をテーマ別にまとめました。

私が出産準備のために使っていた、ベビーグッズ準備リストと予算管理用のエクセルファイルをダウンロードできるようにしました。ご希望の方は、ここからメールアドレスをご登録ください。ダウンロード先のリンクをご連絡します。

dl-button-400

Sponsored Ad

気になるアメリカでの出産費用ってぶっちゃけいくら?

アメリカで妊娠・出産したときの費用をまとめました。加入している保険や、住んでいる地域、病院によっても出産費用は変わってくるので、参考にしてください。

妊娠出産に必要なのは出産費用だけではありません。

楽しいベビーグッズ選び、なるべく無駄のないよう必要なものだけはしっかり揃えたいですよね。

アメリカで出産準備でベビーグッズを揃える時に知っておくとちょっとトクする節約情報があるので、要チェックです。

Sponsored Ad

アメリカで出産準備!赤ちゃん用品、ベビーグッズはどこで何を買ったらいいの?

アメリカで出産準備をするママのバイブル Baby Bargains

初めての出産がアメリカ!右も左もわからないママは、とりあえずこのBaby Bargainsを読めばアメリカで必要なベビーグッズが分かります。

出産準備&ベビーグッズのお得情報

妊娠中から出産後もなにかと赤ちゃん用品の出費がかさなるもの。$1でも安く買い物したいですよね。

しかもアメリカの田舎では、買い物に行きたくても車で20分ぐらい運転しないといけない(泣)。Amazonなしの生活には戻れません。

Amazonプライム会員になるとファミリークーポンが使えますしかも2日後配送が無料なうえ、夫ともプライム特典をシェアできるので、私は妊娠中からプライム会員になりました。

アメリカでは粉ミルク会社に登録すると粉ミルクの試供品が無料でもらえます。妊娠中に登録したら出産後にクーポンも送られてきてとっても助かりました。

ベビーレジストリに登録して割引を使う

アメリカの出産準備で欠かせないのはベビーレジストリ(親戚や友達とシェアできるほしいものリスト)の作成。

Amazonのベビーレジストリは品揃えも多く使いやすいです(登録は無料)。

最後にリストにある商品を自分で買う時は、全品10%引き、プライム会員は15%引き(completion discount)になります。

ストローラーやベビーベッドなどの大モノはレジストリにのせておき、Completion Discountを使って購入するとかなりお得に購入できますよ。

Completion discountは、出産予定日から60日以内、出産後180日以内に1回だけ使えるディスカウントです。(Amazonが販売しているベビー用品と関係するものなどの制限があるので確認してくださいね)。

妊娠中の方はレジストリを作って出産準備をしてくださいね。レジストリ作成は無料です。

キャッシュバックサイトやポイントサイトを使う

アメリカでオンラインショッピングをする時には、ポイントサイトやキャッシュバックサイトを経由するとお得です。

ベビーグッズを揃えるとき、出産後の育児中は、オンラインショッピングをよく使うので、登録しているとけっこうポイントがたまります。チリツモですね。

私が主に使っているサイトはこの2つ。ショップによってはクーポンもあるので、ネットショッピングをする前にはチェックします。

Ebates – アメリカのオンラインショッピングのキャッシュバックサイトの有名なサイト。私も登録(無料)しています。このサイトのリンクを通して買い物するとキャッシュバックが得られるというしくみ。

SwagBucks – 有名なポイントサイト。検索やオンラインショッピングをしてポイントをためるサイトです。その他、ビデオをみたり、アンケートに答えてもポイントがたまります。

妊娠中に時間のある方は、海外からできる在宅ワークをチェックしてみてください。思った以上にスマホとパソコンでできる、まともな在宅ワークがありますよ。

アメリカで出産準備に必要なものリスト

1.カーシート(チャイルドシート)

アメリカ出産準備、カーシート、チャイルドシートの選び方とレビュー

妊娠中に絶対に用意が必要なものはチャイルドシート(アメリカではカーシート)! アメリカでは、カーシートがないと出産後に赤ちゃんを車に乗せられません。

つまり、出産後に病院から家につれて帰れない!というわけで、何をおいてもチャイルドシートは買う必要があります。

日本と比べたら、アメリカのカーシートは種類が多くて迷いました。とくに「アメリカで新生児用のカーシートは必要なの?」とものすごく悩んだときに調べたことをまとめました。

実際に買ったのは、新生児用のバスケット型のカーシート(Infant)のChicco Key Fit30です。

2.ベビーベッド(クリブ)&マットレス

アメリカ出産準備、ベビーベッド、クリブ、マットレス

添い寝をしないのが基本のアメリカの育児にはベビーベッドは必需品です。

おすすめは、手頃な値段のIKEAのGulliverです。

うちはでは、ベビーベッドは1歳まではよく使ったので使ったほうかもしれません。IKEAのGulliverのレビューを参考にしてくださいね。

ベッドでの寝かしつけは、有名なジーナ式をしました。もしもう一人産んでいても、またジーナ式を取り入れたいと思うぐらい、私にはあっていました。

3.ベビーベッド用シーツ類

アメリカ出産準備。ベビーベッド用のシーツ、シーツカバー、スワドル、Sleep Sack

ベビーベッドのシーツ類も色々ありますが、結局必要なのは、

  • シーツ
  • 防水用のもの(シーツの下ならマットレスパッド、シーツの上ならシーツプロテクター)
  • ブランケットまたは、スワドルか赤ちゃん用寝袋

の3つです。

その他は装飾品だったり、クリブバンパー(ベッドの中の柵につけるクッション)などは、むしろ窒息の危険があるので新生児や乳児のクリブには置かない方が安全です。

アメリカで買うベビーベッド(クリブ)用のリネン・シーツで必要なのはこの3つに詳しく書いているので、合わせて読んでみてくださいね。

おすすめのベビーベッドのシーツ類

  1. クリブシーツ – aden + anaisのモスリンコットンのシーツ
  2. マットレスパッド – American Baby Company Waterproof Quilted Crib Size Fitted Mattress CoverSmart-dri Waterproof Mattress Pad (award Winner)
  3. スワドル用ブランケットaden + anais のスワドル用ブランケット
  4. 着るタイプのブランケット – 新生児用Sleep Sack

aden + anaisのスワドル用ブランケットは、軽くて吸水性も良いので、外出用や旅行用タオルとしても大活躍しています。あると便利ですよ。

4.新生児用のおむつ

初めての出産準備だと、新生児用のおむつを何枚用意したらいいのか?まったく見当もつきませんでした。

私は多めにかってがんばって使っていましたが、やっぱり最後は余らせてしまいました。

新生児用のオムツは、150枚ぐらい用意して、ようすをみて必要であれば買い足すぐらいがちょうどよいです。

5.おむつ替えに必要なもの

アメリカで出産準備。おむつ替えに必要なベビーグッズリスト

おむつ替え用パッド –Summer Infant Contoured Changing Pad

我が家は、Summer Infant Contoured Changing Pad をカバー無しで使っていました。汚れたら消毒用ワイプで拭き取っていました。

おむつを買える専用の台(Changing Table)を使うなら、おむつ替え用パッドは必要です。それ以外では、クッションやブランケットの上にタオルをひいても代用できますが、あった方がいいと思います。

パッドの上の方が赤ちゃんが安定するのと、子どもが少し大きくなるとおむつ替えの場所として、自分からゴロンと寝てくれるようになりました。

子どもが多いとか、おむつ替えパッドにこだわるなら、Keekaroo Peanut Changerがレビューも良くて使いやすそうです。

ワイプ(おしりふき)- Amazonブランドのおしりふき

Amazonの定期おトク便で紙おむつと一緒に買っています。量も多いし、匂いも弱く、しっかりしていてすごく使いやすいです。4歳になる今でも、うんの後のおしりふきに使っているぐらい。

おむつ用ゴミ箱 – Ubbi Steel Diaper Pail

我が家は、フタつきのふつうのゴミ箱をトイレにおいてオムツ入れとして使っていました。子どもが2人以上おむつなら、オムツ専用のゴミ箱があったほうがいいかもしれません。

オムツ、たしかに匂います。臭いが気になるときは、こまめに外のゴミ箱に捨てる。臭いとりスプレーをつかう、重曹をふりかけるなどしていました。

おむつかぶれ用クリーム (Diaper rash cream/ointment) – Aquaphor Baby Healing Ointment

おむつかぶれ用クリームは、一つは準備しておいたほうが良いです。赤ちゃんのおしりが、赤くかぶれることって、たまにあるんですよね。

マザーズバッグ(Diaper Bag)- Skip Hop Duo Signature Carry All Travel Diaper Bag Tote with Multipockets

アメリカのマザーズバッグ、おしゃれですよね。ポケットがたくさんあって、普段から使いたいぐらい。

いかにもマザーズバッグというより、男性が持っても違和感のすくないデザインのものも。

ポケット多めが使いやすいです。

Wet Bag(外出用の使い済みおむつ入れ)- Itzy Ritzy Travel Happens Sealed Wet Bag

マザーズバックについていることもあるので、必要に応じて購入してくださいね。

友達の家とかオムツを持って帰る時に使用済みオムツをいれたり、プールで濡れた後の水着をいれたりする時に便利な袋です。

スーパーの袋&ジップロックで代用できますが、可愛い方がテンションはあがりますよね。

外出用おむつ替えパッド –  Skip Hop Baby Pronto Portable Changing Station

外出用おむつ替えパッドもマザーズバッグについていることもあります。もしなければ、コレはあった方が便利です。

外出先でのおむつ変えでは、必ず使っていました。公共トイレのおむつ替え台を使う時、外出先の駐車場で車の中で替える時とか。

いざというときに助かるアイテムのひとつです。

おむつ替えに必要なものリスト

  1. おむつ替え用パッド –Summer Infant Contoured Changing Pad
  2. ワイプ(おしりふき)- Amazonブランドのおしりふき
  3. おむつ用ゴミ箱 – Ubbi Steel Diaper Pail
  4. おむつかぶれ用クリーム (Diaper rash cream/ointment) – Aquaphor Baby Healing Ointment
  5. マザーズバッグ(Diaper Bag)- Skip Hop Duo Signature Carry All Travel Diaper Bag Tote with Multipockets
  6. Wet Bag(外出用の使い済みおむつ入れ)- Itzy Ritzy Travel Happens Sealed Wet Bag
  7. 外出用おむつ替えパッド –  Skip Hop Baby Pronto Portable Changing Station

6.ベビーバス

アメリカ出産準備、ベビーバス

日本では新生児の沐浴は毎日1回か2回といわれますが、アメリカ式は1週間に1、2回。お風呂の習慣がこんなに違うとは思いませんでした。

おススメのベビーバス

ベビーバスのレビュー

7.ベビーケア用品

アメリカで妊娠、出産準備.ベビーケア用品リスト

アメリカでもAmazon.comで日本のベビーケア用品が買えたので助かりました。なんか日本の製品のほうが小さくて細かい感じなんですよね。

アメリカのアマゾンで買えるピジョン製品がいろいろあるので、必要なものを買ってくださいね。

ベビーケア用品リスト

  1. ベビー用つめきり – ピジョンの新生児用つめきり
  2. ベビー用ピンセット – ピジョンのピンセット
  3. 鼻水取り –Fridababy NoseFrida Nasal AspiratorBaby Vac
  4. お風呂用石鹸 – 山羊乳せっけん
  5. 保湿用クリーム – セタフィル モイスチャライジング クリーム
  6. 体温計 – 耳とおでこではかる体温計
  7. 顔や手を拭くワイプ- Hand & Face Baby Wipes
  8. 赤ちゃん用綿棒 – 買いませんでした(詳しくはレビュー記事
  9. 手の消毒用ゲル – スーパーや薬局で売っているもの
  10. ワセリン – 赤ちゃん用ワセリン

ベビーケア用品のレビュー記事

8.母乳&ミルク混合育児お助け便利グッズ

出産後に母乳育児をする予定であれば、搾乳器はあった方が楽だとおもいます。特に夜の授乳を夫に代わってもらえたのが助かりました。

母乳育児に使うもの、便利グッズ、アメリカで出産準備

初めての母乳育児は戸惑うことも多かったです。何より、最初はあんなに痛いなんて思いませんでした。

出産後の疲れ切った体での母乳育児、お助けグッズをつかってなんとか乗り切った感じです。

母乳パッドは、私はあまり使いませんでしたが、人によっては必要になるので準備しておいた方がいいアイテムです。

母乳育児お助けグッズリスト

搾乳&ミルク育児に使うもの

搾乳するときに使うもの、アメリカで妊娠、出産準備

出産後だいたい3か月ぐらいで職場復帰をするアメリカのママの必須アイテムといえば、搾乳機。この黒いバックかリュックをみんな職場に置いています。

私は電動のメデラの黒いバック型を出産した病院で保険を使って購入しました。搾乳機は保険対象になるので、念のため確認してくださいね。

出産後から搾乳して哺乳瓶をつかったり、粉ミルクを使って準備をした方が、職場復帰の時もママも赤ちゃんも安心です。

哺乳瓶の消毒は、パスタ鍋で煮沸殺菌。粉ミルクはアメリカは水でOKということで、ボトルにはいったお水で粉ミルクを作っていました。

母乳育児グッズレビュー&粉ミルクレビュー

9.離乳食グッズ

 

離乳食ようのハイチェアー、食器など離乳食に必要なベビーグッズアイテム

6か月ぐらいから徐々に始めた離乳食で使った家具とベビーグッズです。

10.ストローラー

赤ちゃんとのがいしゅに欠かせないのがストローラー。アメリカでは3歳、4歳ぐらいの子でもストローラーに乗っているのをよく見かけます。

大きくて長く使えるストライダーが便利です。

ストローラー – BOB Sport Utility Jogging Stroller

赤ちゃんと一緒にジョギングしようとジョグ用ストローラーを買いました。

あと家のドライブウェイは、砂利道で50メートル以上あるのでオフロードタイプのしっかりしたのじゃないと、すぐにタイヤがボロボロになるかなと思って。

ジョギング用のストローラーは、3輪車の一番前の車輪が動かないのが特徴です。その方がまっすぐ走りやすいんですね。

角を曲がるときは、前タイヤをちょっと上げて方向転換します。

気合を入れてたわりに、ジョギングに使ったのは数回。ほとんど歩いて、たまにちょっと走るぐらい。家の周りやトレイルの散歩によく使っています。

アウトドアが好きな家では、ジョグ用ストローラーおすすめです。

11.ベビーモニター

ベビーモニター – ベビーモニター(音声のみ)

ベビーモニターもかなり迷ったベビーグッズのひとつです。よく使ったのは、1か月から1年ぐらいのあいだ。あとは、休日のお昼寝のときとか。

最初は映像が見える方がいいかな?と思っていたのですが、音声だけにしました。ネントレをして、赤ちゃんをベビーベッドに寝かせるなら、あった方がいいベビーグッズです。

かかなり小さな音までも拾ってくれるので、安心して使えました。息子がお昼寝をしなくなった今は夫の部屋の受信機をおいて、トランシーバーのように使っています。

アメリカで出産準備!赤ちゃんのお世話の仕方について

赤ちゃんのお世話 アメリカの子育て方法は、日本の常識と違うこともありびっくりの連続。せっかくだから、両方のいいとこどりしたらいいんじゃないかなと思った私です。

アメリカ流の赤ちゃんのお世話の仕方 

日本の育児の常識とアメリカの育児の常識はちがいます。アメリカ式の方がおおらかな感じで楽かなと思います。

世代によっても育児の常識ってちがうので、その時、その時で一番だと思うことをしてくださいね。

私的には、ジーナ式の赤ちゃんの生活リズムの整え方が一番役に立ちました。

アメリカで出産入院のための準備

アメリカでいよいよ出産。わからないことだらけで、戸惑いながらも準備していました。私の体験が誰かの参考になればうれしいです。

アメリカで妊娠!赤ちゃんの名前は入院前に考える

アメリカでは、出産した病院で赤ちゃんの出生届やソーシャルセキュリティナンバーの手続きをするのが一般的。そのためには、赤ちゃんの名前が必要です。

日本人夫婦がアメリカで名前を付けるときに気を付けたこと、名づけのコツなどを紹介します。

アメリカで出産後の必要な書類手続き

アメリカで生まれた子供は、自動的にアメリカ国籍が得られます。必要な書類手続きは、入院中の病院ですることが多いので、事前に名前など準備しておきましょう。

また日本国籍の取得は、出産後3か月以内に出生届を提出しないといけません。妊娠中から必要な書類を準備しておくと安心です。

一時帰国の予定があるかたは、アメリカと日本のパスポートの申請もお忘れなく!

おまけ:私の 布オムツについての挫折の記録

これからアメリカで布おむつをはじめよう!という方には、おススメしない記事です。

アメリカの布おむつって、めちゃくちゃ可愛くて、妊娠中は使いたい!と思っていたのですが、、、見てる分には可愛いんですよね。

アメリカでの日本人夫婦の高齢出産体験記はこちら

出産体験記では、妊婦健診や出生前診断のことを書いています。

dl-button-400

今日はここまで。では!
Have a good day!

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントを書いてくださいね。
名前を記入してください