アメリカで車の運転!3つの大失敗と田舎での運転あるある

833

アメリカで車の運転!私の3大失敗と田舎の運転あるある

アメリカでの車の運転、緊張しませんか?

渡米前は、日本でも運転が大嫌いなのに、左ハンドル右側通行のアメリカで自分が運転している姿は全く想像できませんでした。が、引っ越し先はアメリカ中西部のど田舎!車の運転ができなければ、学校も買い物も夫の運転に頼るしかありません。子どもがいたら、子どもの送り迎えにも夫任せです。

それは不自由すぎる!

しかも渡米して1週間後には運転せざる得ない状況もあり、運転が怖いとか嫌いとか言う暇もなく、アメリカで運転を始めました。

もう、毎日、毎日、毎日、緊張しながら運転していました。それから7年。色々とやらかしているので、私的3大失敗と田舎の運転あるあるを紹介します。

Sponsored Ad

アメリカで車の運転。失敗1:道路を逆走!

逆走は、本当に無意識にのうちにやってしまって、気が付いたときにめちゃくちゃ焦ります。日本では自分ではほとんど運転していなくても、他の人の車やタクシー、バスには乗っているので、感覚的に車は左側通行というのが身についています。

私は覚えているだけで3回ほど逆走しました。

いつも車がいない交差点を左折か右折をしたときに、入るレーンを間違えるというパターン。1度目は逆走してすぐに対向車が来て気が付きました。

2度目は、片道4車線の道路を右折するのに、わざわざ本来走る車線を越えて逆走しました。目の前の信号が後ろ向きで??隣のレーンの信号が見える????と思っていたら対向車が来てなるほど!と真っ青。幸い、他に車もなく慌てて車線を戻ってことなきをえました。

残りの1回は、高速をおりてすぐに左折するときに手間に車線に入ってしまいました。夫に「反対!反対!路肩によって!」と言われて気が付き、あわてて路肩にとめました。その後、大型トラックがクラクションを鳴らして横を通り過ぎたので、夫が同乗していなければ大惨事!この時は日本人の友達と食事をした後だったので、すっかり日本モードだったんです。

日本でもアメリカでも、運転席はセンターライン側です。アメリカではセンターラインはオレンジ色なので、常にオレンジ色に沿って運転するようにとは思っているのですが、油断すると今でも反対車線に入りそうになるので危ないです。

道路を逆走するのは、できるだけしたくない運転あるあるですね。

アメリカで車の運転。失敗2:うっかりミスで免許を失効。アメリカで運転免許の試験を3回受験

当時住んでいた州では、渡米1か月後から運転免許がとれたので、1か月過ぎたらすぐに試験を受けました。

ちなみにアメリカの運転免許は、コンピューター試験で交通ルールのテストをうけ合格した後に実技試験です。日本のような教習所でびっちり授業+練習することはありません。ほとんどの人が自分で勉強して、家族と駐車場などで運転を練習します。いちおう車の運転を教えてくれるドライビングスクールもあります。

実技試験は、試験場の外をぐるりと一周し、その途中で縦列駐車が1回ありました。最初の時は1回の試験でパスしました。

その後、週をまたいだ引越しで運転免許を更新した際に手違いで免許を失効。免許を失効していることに気が付きて免許センターに問い合わせたところ、結局は再試験を受けるようにとのこと!

再試験のコンピューターテストは1回で合格。実技試験は、1回目はスピードの出しすぎで試験中止、2回目に無事合格となりました。とほほ。

実技試験中に試験教官が「この道の制限速度知ってる?」と聞いたら、スピードの出しすぎの警告です。私は自信満々で「35マイルです!」と答えたら「あなた40マイルで走ってるわよ。次の信号左に曲がって。」と言われ、試験はそこで強制終了!

2回目の時も駐車場を走っているときにも試験教官に「この駐車場の制限速度知ってる?」と聞かれ「分かりません」と答えると「ここ20マイルだから気を付けて」とのこと。制限速度を知っていながらオーバーすると失格になるんでしょうか??もし運転試験中に制限速度を確認されたら、とりあえず分かりませんと言って教官に確認した方がよさそうです。

アメリカで車の運転。失敗3:ボンネットから白い煙が噴き出した

映画やドラマで、アメリカの車が故障してボンネットから煙を出して路肩に止まっているシーンを見たことありますか?

見るたびに、アメリカ車はなんて故障が多いんだと思っていましたが(ごめんなさい)、実はそうではありません。車検のないアメリカではよく見る風景で私もやってしまいました。ちなみに日本車です。

引越しをした後に、週末に古い家と新しい家を行き来していたことがあります。週末に夫と合流していたので、車で6時間ほどの距離を一人で運転です。その時は、最近エアコンのききが悪い?なにか変な音がする?とは思いつつ、まあ動いているから大丈夫、大丈夫と運転していました。

その日は、1回ほどの休憩で運転し続けて、ようやく最寄りのスーパーに到着。今晩のおかずやおやつを買おうと駐車場に車を止めた瞬間、ぶほーーーとエアコンから白い煙、前を見るとボンネットからもモクモクと白い煙が!

これはヤバイ!脱出せねばと慌てて車から脱出。

通りすがりのおじさんたちが、わらわらと何事か?とやってきました。

車の外で呆然としていたら、ボンネットを開けてくれ、「とにかく熱いから絶対に触るな。冷えたら、水を入れろ!」とか、「オイルチェンジはいつやった?」とか。色々とアドバイスをくれました。

幸いスーパーの一角に小さいホームセンターがあったのでそこで車に入れる水を購入。しばらくしてから入れてみましたがエンジンかからず。どうやら、何かのベルトを焼き切ったようです。詳しいことはわかりませんが。

結局、いったん家に歩いて帰り、夫がレッカー車をよび修理工場へ運びました。

修理のおじさんから、カラカラという音してなかった?とズバリ聞かれました。言われてみれば、カラカラという感じの乾いた音がしていたような。その音がしたらヤバイから、と何度もあきれられました。

停まった場所が最寄りのスーパーの駐車場でほんとうによかったです。もしも途中のトウモロコシと枝豆畑がえんえんと広がっている場所で止まっていたら、もっと悲惨。

車のメンテナンスは定期的にしておくこと、エアコンが効かないのは故障前の可能性があるので点検すること。痛い経験をして学びました。

アメリカの田舎での運転あるある。私の場合。

あるあると書いていますが、一部は私だけだとわかっていますので、そんなのあなただけよ!という突っ込みはご遠慮くださいね。

写真は、家の近所の標識。銃のターゲットにされて、Tのところに穴が開いてます↓

アメリカで車の運転!3つの大失敗と田舎の運転あるある

ワイパーとウインカーを間違える

左ハンドルの車は、ウインカーが左、ワイパーが右です。左折するときに、ウインカーを出したつもりが、目の前をワイパーが横切ってびっくりするなんてしょっちゅうです。雨が降り始めで曲がらないといけないときとか、もう軽いパニック。どっちがどっちだっけ??と。

ちなみに、足の操作は日本と同じで、左からクラッチ、ブレーキ、アクセルです。これは同じでほんとうによかったです。

サイレンを鳴らして近づいてくる消防車や救急車が嫌い

サイレンを鳴らして近づいてくる車があれば、基本は脇に寄せて停まるです。前に車がいるときは、とにかくその車の真似をしてやり過ごすのですが、周りに車がいないとこれも軽いパニックです。

しかもパトカーにサイレンを鳴らされて後ろから来られた日には、もうなにかやった?どこに停まる?とひとり車内でアワアワしていたら、パトカーに追い越されたり。とにかく、パトカーがサイレン回して近づいたらすぐに停まれ!ってことですね。

動物の交通事故の多さにびびる

アメリカの田舎は野生動物が多くいます。野生のアライグマがごみ箱をあさっている姿に一番びっくりしました。他にも、スカンク、オポッサム、シマリス、エゾリス、グランドホグ(アライグマサイズのカピパラみたいな動物)シカ。などなど。これ、みんな道路で交通事故にあっているのをよく見かけます。

道路脇に動物を見かけたときは、スピードを落としながら、お願いだから動かないでと念を送っています。

右見て左見て右見て左見てを何度もしてしまううちに車がやってくる

日本だと、基本は右見て左見て右見て、さあ出発ですがアメリカだと左見て右見て左になります。が、日本の癖が抜けないので、右→左→右→左を繰り返したり。そうこうするうちに車が来てしまうとか。

運転ではないですが、道路を横断するときもどっち側から車が来るのかとっさには分からないので、無駄にキョロキョロキョロキョロします。

ALLWAYSTOPの十字路でとにかくゆずるつもりが、いつも行っていいよと手で促されること多し

アメリカに来て初めてALL way stopとか4 way stopの十字路を知った時は、なるほどと思いました。信号機のない十字路の交差点で、田舎の大きな道路の交差点や住宅地でよく見かけます。

ルールはとてもシンプル。その交差点で止まった順番に行きたい方へ進む。これだけです。交差点で停止した順番に出る

ここで突然ですが、簡単なクイズです。時間のあるかたは考えてみてください。

アメリカで運転。私の3大失敗と運転あるある

とてもシンプルなルールなのですが、実際に運転しているとタイミングをつかむまでもたついてました。

似たようなタイミングで交差点に向かってくる車を見たら、わざと速度を落として明らかに順番が分かるように交差点で止まったり。相手の車と私の車が同じようなタイミングでとまったら、とりあえず動かずに待っていると、たいていは相手から手のサインで先に行って!と促されます。

分かっていてもいざ自分が運転するとタイミングがつかめない。

アメリカの交通ルールにびっくりする

右側通行の他にも日本とアメリカの交通ルールの違いがいくつかあります。

  • 州ごとに運転ルールに違いがある
  • 赤でも右折できる。ただし右折禁止が表示されていればできません
  • バイクはヘルメットをかぶる必要はない(州による?)。ノーヘル運転のバイクをよく見かけます。
  • 踏切では一旦停止をしない。踏切での一旦停止は、スクールバスや危険物を運搬している車などは一旦停止します。一旦停止が必要な踏切には表示があります。
  • フタが開いているアルコール飲料は車内に置いてはいけない。取り締まりの対象になります。
  • 制限速度が速い。田舎の広いした道だと時速55マイル(時速89Km)です。高速とかわりません。

アメリカのステレオタイプ「アジア人女性は運転が下手くそ」に文句なし

アメリカ人の持つアジア人女性に対するステレオタイプのひとつは運転が下手ということ。そりゃ16歳から運転しているアメリカ人と比べたら、大人になって移民してきたアジア人女性は車の運転経験が少ない人が多いですよ。

それにアジアは、日本、タイ、香港のように左側通行の国もけっこうありますし。アメリカ人にアジア女性は運転が下手と言われてもしょうがない。とくに私は、自分でも運転が下手だとわかっています。もうね、ご迷惑をかけずに安全運転を心がけているので、煽ったり、後ろにピッタリくっつかないで、さっさと追い越して―。と思いながら運転しています。

運転が得意なアジア女性にとっては、とっても迷惑なステレオタイプかもしれませんね。

アメリカで車の運転の失敗談と運転あるあるのまとめ

こんなに危なっかしい運転をしていても、今まで事故にあわなかった、事故を起こさなかったのは運が良いだけだと思います。皆さんも、逆走だけには本当に気を付けて運転してくださいね。他の小さなことはともかく、逆走は大事故につながりますから。

しなくていいものならアメリカでの車の運転なんてしたくない。万が一事故を起こしてしまったらどうしていいのか分からない。英語もまだまだだし。アメリカで運転することの恐怖は、運転以外のところにもあります。それでも運転しているのは車を運転しないと、この田舎ではどこにも行けず、何もできないから。

私にとっては、アメリカで免許を取って車を運転することは、アメリカ社会に溶け込む最初の一歩でした。今では、毎日高速道路を運転して通勤しています。まさかこんな日がくるとは渡米した直後は思いませんでした。

思えば遠くにきたものです。

今日はここまで。では!
Have a good day!

Sponsored Ads

アメリカ生活関連記事

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

1コメント

  1. こんにちは!
    私も最近運転について書いたのですが(http://bearcanyona.blogspot.com/2017/06/vol68-driving-in-usa.html)、たまたまこちらの記事を見つけて、これは私のこと?と思ったくらい見透かされた気分です(笑)もう読みながらクスッとなったり、ニヤニヤしてしまいました。しかも中西部にお住まいだということで親近感を感じずにはいられません!運転についてモヤモヤ感じていたのは自分だけじゃなくてよかったー!と本当に思います。

返事を書く

コメントをどうぞ!
お名前を記入してください