「アメリカ出産体験記」5回目の健診(24W1D)で妊婦糖尿病の検査

252

根治は、アメリカで高齢妊娠中にブログを書いているあるまむです。

今回は、アメリカでの妊婦検診5回目の話と、無料で粉ミルクの試供品がもらえるというので、粉ミルク会社に登録したはなしです。

この記事はアメリカで妊娠してから出産するまでをまとめた「アメリカ出産体験記」の一部です。

Sponsored Ad

5回目の妊婦健診に行ってきました

今日は、尿検査、体重測定、血圧を測ったあとに妊婦糖尿病の検査でした。

尿検査をした後に、甘ったるい透明の液を飲んで、1時間たってから血液採取でした。結果は、明日には分かるそうです。

アメリカの妊婦さんの体重増加はどのくらい?

体重は、前回の健診からプラス3.5パウンド(約1.6Kg)増加で、順調よ~とのこと。

日本だったら、どうだろう?ちょっと増えすぎと注意されるどころか、病院によってはすごく怒られそうです。
 
アメリカの私が通っているクリニックでは、4週間で2~4パウンド(0.9-1.8kg)の増加ならOKで、妊娠期間中に25~35パウンド(11Kg~15Kgぐらい)が理想らしいので、私は、10Kgを目標に頑張っています。

現在のところ、妊娠前から4.5Kg増加。あと4か月あるので、この調子で増えるとちょっとオーバーする??という気もしないので、間食は控えようかなと思います。

看護婦さんから、母乳にするのそれともミルク?と聞かれたので、母乳にするつもりですというと、Similacの粉ミルクと、母乳保存容器のセットをくれました。

出産前には粉ミルクを一つぐらいは買っておこうと思っていたのでよかったです。

母乳で育てる予定ですが、完全母乳育児をしようという決意は最初からなく、母乳がメインでミルクを補助的に使おうと思っています。

ミルク会社に登録して試供品の粉ミルクをもらう

ついでといってはなんですが、Similacにメンバー登録をしました。試供品の粉ミルクやら、クーポンなどが届くようです。
https://similac.com/

絶対こうしなければという思いよりも、まあその時々、赤ちゃんに合わせればいいかなーとゆるい感じに構えていられるのも、やはり年齢のせいかもしれません。

人生、自分の思う通りにいかないことの方が多いですからね。

次の健診も4週間後。体重はどのくらい増えるでしょうか…。

今日はここまで。では!Have a good day!

Sponsored Ads

アメリカ出産体験記の関連記事

 

海外でブログを仕事にする!
詳しくは「いいね!」

Twitter で有賀透子を

返事を書く

コメントをどうぞ!
お名前を記入してください